伊藤仁彦 アーカイブ - IBOK Japan

category: 伊藤仁彦

引っ越し

2018.02.21
category: 伊藤仁彦

昨年のアリゾナで天翔さんから伝えられるメッセージ、ほとんどが新しい扉でした。あんまり深く考えませんでしたが、今週、スーモを見ていて突然、引っ越しを決めたときにそういえばアリゾナで新しい扉のメッセージをいたるところで受け取ったなと思い出しました。ここにずっと住み続けることもできるのですが、もう違うなと感じます。

よりよい地域とか場所ではなく、ただ新しい場所です。お金のこととか、いろんな手続き、引っ越しを考えると止めようと考えるのですが、同じところにずっといることはこの時代はもう無理なのかもしれません。ここに住み続けたら、同じところに縛られるようであばれたくなるのです。

新しいところで待っている経験がどんなものかも知りませんが、とにかく新しいことをやり続けるということなのでしょう。



秋本奈緒美さんと水谷あつしさんの朗読会

2018.02.11
category: 伊藤仁彦

女優の秋本奈緒美さんにご連絡をいただき、赤坂のG-Tripで行われた秋本奈緒美さん初の試みの朗読会に行きました。俳優の水谷あつしさんとの朗読会なのですが、このお二人が読むとまるでドラマを聞いているようでさまざまなイメージがわいてきました。酒井法子さんもそうですが、舞台ではもう別人モードです。いつもの秋本さんではありませんでした。

秋本さんが嫌なビッチ役をドラマでたくさんしていたので怖い人だと思ってたんですって最初にお会いしたときに秋本さんに言ったのですが、全然、違う人です。こういう人たちは役をチャネルするんですね。すごく面白くて、さばさばした人です。途中でお二人の歌が合間にあり、ある詩の朗読ではあたたかくなったらあれをしよう、これをしようと刺激を受けました。本当に才能が豊かなお二人のショー、とても楽しみました。水谷さんの舞台の伊賀の花嫁もシリーズ化されるそうなので次のは見に行こうと思います。

nao

 


動物救済をしているライフボートで必要なものとみゆきさんの体のエネルギー鑑定

2018.02.07
category: 伊藤仁彦

動物救済をしているライフボートで必要なもの、アマゾンから注文できます。ときどき、サイトを見て、アマゾンに注文しています。

角田みゆきの選択し、行動できる自信を確立することに役立つ自然体になる5ヶ月コース、おすすめです。私はこの冬、咳が止まらず、それは鼻で呼吸していない、鼻を使っていないからだとみゆきさんに教えてもらいました。確かに、私は子供の頃から口で息をする癖があり、家族からバカ面とバカにされていました。口で息をするのは、急いでいる証拠だからもっと鼻を使ってと言われ納得です。こういう癖を修正すること、人生の全般に影響があると思います。

 


客観的な揺るぎない落ち着き、平和、満足

2018.02.05
category: 伊藤仁彦

レーネンさんの仕事をして12年になります。この12年でスピリットワールドから個人へ送るメッセージが大きく変化したと思います。レーネンさんは純粋な霊媒でこの人と出会ったとか、あんまり覚えていません。

だからこそ、この最初のメッセージ、私はワクワクして聞いています。あの人には前にこう言った、ああ言ったなんて覚えていないので、純粋にどんなのが出てくるだろうと私は待っています。

最初の20-30分間のメッセージ、それが純粋にスピリットワールドからのメッセージです。80-90%の人は、これを聞いた後、もう質問がないといいます。聞こうと思っていたこと、すべて入っていたと言います。

最初の20-30分のメッセージ、そこにはこれからの地球の状況がそれぞれに与える影響に関するメッセージが入っているので、これから地球はこうなるのだとか、世の中の経済状況、社会状況、そういう最新の情報が聞けます。特に去年の個人のセッションから地球の未来の話がより明確に出てくるようになりました。

同時にその中で私が気づいたのは、ここ数年、ワークショップなどにいらしてきた方たち、進化したということです。個々には海外に行きたいとか、こういう仕事をしたいみたいなものはあったのでしょうが、そういう個人の希望するものを超え、成長によって宇宙に使われていくという人生になりつつあるということであり、客観的な揺るぎない落ち着き、平和、満足をその人たちから感じることが多くなりました。

何と言っていいかわかりませんし、宣伝でもありませんが、こうやって取り組んできた人方たち、もし、実生活でしなかった行動があっても進化し、個人の希望するものを超え宇宙に使われ、冒険的に生きていくのだと特に最近、実感しています。

もし、思い通りにならない、これを思い通りにしたいとしゃかりきになって苦しみ、いらいらいして生きているなら、レーネンさんのイベントで取り組んでみてください。その価値はあると思いますが、無理にとは言いません。思い通りにすることが幸せでもなんでもなく、何があっても、何がなくても、本当の自分が活かされ、流れに任せて生きていけることが一番幸せではないかと思います。思い通りを幸せにしている以上、永遠に平和が訪れることはないと思います。


杉本彩さんの動物環境・福祉協会EVAの活動

2018.01.28
category: 伊藤仁彦

杉本彩さんの動物環境・福祉協会EVAの活動を応援しています。よろしければ、是非、募金、その他の形でご協力ください。また、しっぽの声、是非、読んでください。個人的に動物への虐待の厳罰化、賛成です。

伊藤仁彦

51jycaYn2ZL__SY346_

 


完璧な世界

2018.01.20
category: 伊藤仁彦

お金も使いきれないほどあるのに、世の中のいろんな人たちに非難されながらも、なんで人はそれでも支配的地位を求める人がいるのかわかりませんでした。その支配的地位さえ永遠じゃなく、たかが数年、数十年です。そんなことをするなら、お金を使って楽しめばいいのにと思いますが。

レーネンさんと話しをしていると、そういう人たちはカルマでそうなっているのだからと言いました。お金が使いきれるほどあるということは関係なく、その人は結局、理由は知らなくてもそうしたいとカルマで駆り立てられる何かがあってそうやっているなら、同時にその人が与える経験をカルマで必要とする人たちもいるということなんだと思います。

お金を稼いで名声を得たのに失敗をしてしまう人たちも、そう駆り立てられる何かがありそうしているとすれば、決して悪いことでもなく、人がしていることを非難、批判なんてする必要はまったくなく、間違いだらけ、不完全に見える世界でも完璧な世界なのだと思うようになりました。間違いだらけ、不完全に見える世界に反応し、巻き込まれていくのではなく、距離を持ち、観察していれば、間違いだらけ、不完全に見える世界にもポジティブな側面があります。ポジティブな側面に気づくと、何があっても恐れることはないし、反応しなくて済みます。


論理的思考なんて本当にあてにならないし、信用できません

2018.01.08
category: 伊藤仁彦

いろんなイベントを企画していますが、終わった後、受け取るものは自分が思ってたものと違うと思うことが多々あります。

ハワイでのイベント、帰国してはっと気づいたこと、ハワイに行く前には思いもよらないことでした。論理的思考がいかにあてにならないかということですね。

考えれば考えるほど、参加してどうなるの?やってみてどうなるのと思うかもしれませんが、参加するのは、やってみるのは一人でじゃないんです。そこに参加する人たち、やってみる人たちその人たちのエネルギーがあり、それが思いもよらなかったことへと刺激をしたり、導いたりすると思います。

論理的思考なんて本当にあてにならないし、信用できません。信用できるのは、やってみようかな、興味あるかもという直感とフィーリングだけです。思いがけなかったことを受け取るという経験、なんでもやってみなよっていうエキサイティングさになります。


オレゴン州

2018.01.04
category: 伊藤仁彦

私は30年前近くにオレゴン州に住んでいました。オレゴン州のポートランドに初めて到着したとき、とても穏やかでこんな経験ができるなんて生きててよかったと思うほどでした。

住んでいた場所はずっと田舎でしたが、オレゴン州は上のワシントン州ともカリフォルニア州とも違います。とてもマイルドです。それまで思い出すと気持ちが上がるポジティブな記憶はあまりありませんでしたが、今でもオレゴン州での記憶は私にとって嫌なことにフォーカスをしないためのポジティブな記憶です。

今、ポートランドは世界的にもとても知られ、日本からもたくさんの人が訪問しています。6月のオレゴンでのイベント、ハワイともシャスタ山とも違うマイルドなオレゴン州のエネルギーを経験するチャンスだと思います。

レーネンさんが選んだ灯台、私が住んでいたころは多くの人がお化けがいると言っていた灯台ですが、お化けじゃないんだと考え方を変えました。


助けられなくちゃいけない人、かわいそうな人なんて誰もいません

2017.12.31
category: 伊藤仁彦

みゆきさんと出会ってから、みゆきさんがスピリットワールドから受け取るメッセージから私は違う観点を得たと思います。

この仕事を通して自信がない、客観的になれない、自立ができない、行動できない、あらゆるコメントを聞いてきました。じゃあ、こういうイベントをして克服してもらおう、こういう情報を出して知ってもらおうと真剣に思っていましたし、これだけの情報を出しているのだから変わってよねと期待していましたが、今、思うのは人はそれさえ個人が選択しているということです。

自信がない、客観的になれない、自立ができない、行動ができない、そう言い続けることで得られるものがあるということです。正当化できる状態だということです。しかしながら、そうやって正当化し続けることで最も傷つけているのは自分です。正当化していることをさまざまな理由で自分をごまかすと同時に責め続け、怒りを持ち続けます。

ハワイから戻り、思いがけなく私が一番、感じているのは助けられなくちゃいけない人、かわいそうな人なんて誰もいないということです。すべて自分の選択です。この境地に至れること、自分が一番、楽になりました。誰に対しても期待を持つ必要もなく、助けなくちゃとか、かわいそうなんて主観にもとづく上から目線を生きてきてかつ、期待にあふれていました。自分に責任を取って生きると決めるしかないと年末の今、思うのでした。

みゆきさんの客観的な愛、もっと先を超えて自分に責任を持って生きるレーネンさんの姿、その目で体験してみてください。


コナでの出来事

2017.12.15
category: 伊藤仁彦

数日前、コナのメイン通りをレーネンさんと歩いていると、2人のアメリカ人の若者がレーネンさんにキリストの祈りであなたを癒しましょうと話しかけてきました。追い払おうと思ったのですが、歩きながら2人はレーネンさんと話をし始め、ホテルまでついてきました。レーネンさんは自分の考えを伝えたのですが、2人の若者はキリスト教の話を熱心にしていました。

その後、部屋までついていき、外でいろいろ話していたそうですが、次の日の夜のレーネンさんのサイキックトークショーに2人の若者のうちの1人の女が入って来て、人生を変える唯一の方法はキリスト教であると話し始めました。この女の乱入、はっきり言って邪魔で迷惑でした。

私から見てこの2人の若者は、あなたたちはキリスト教を信仰していないから救われていないと上から目線でしたし、滞在先のホテルには多くの布教のための若者たちが高揚感一杯で歌ったり、騒いだりしていました。

他人の迷惑も考えずに大騒ぎをしていることに全く何とも思わずジーザスとかなくない?と思ったのですが、何よりもこれと同じことをみんなしていると思うのです。こうしなさい、ああしなさいと勝手に人の人生にずかずかと入り込み、上から目線で変われと要求し、摩擦を起こしてます。一人一人がすべての人がそれぞれにバランスを実現することを完全に尊重するまで平和はないなと思ったコナでの出来事でした。

publications

幸せのサイン
ウィリアム・レーネン 著

きらきらオーラで幸せを引き寄せる本
ウィリアム・レーネン 著

幸運体質になれる浄化ブック (単行本)
ウィリアム・レーネン 著

トビラ ([バラエティ])
ウィリアム・レーネン 著

CHANGE!
ウィリアム・レーネン 著

인생을 만들다
ウィリアム・レーネン 著

드림타임에서 만나요
ウィリアム・レーネン 著

心がポジティブに穏やかになる本
ウィリアム・レーネン 著

人生を創る
よしもとばなな 著

幸運力が高まる生き方 (中経の文庫)
ウィリアム・レーネン 著

生き方の答えが見つかる本
ウィリアム・レーネン 著

DVD付 直感力が高まる生き方
ウィリアム・レーネン 著

すべての人が幸せになる魔法の言葉
ウィリアム・レーネン 著

행운의 소리
ウィリアム・レーネン 著

レーネンさんのスピリチュアルなお話
ウィリアム・レーネン 著

categories

archives

archives

twitter

links