この世には周りと比較して少ない収入では幸せになれないと思っている人が多いですね。気持ちはわかりますが、それでは高価な食材が揃わなきゃ美味しい料理は作れないと語っているプライドの高いレストランのシェフと同じです。

詳しくは書きませんが、例えわずかの収入であってもどん底を這うような状態の時にでも、人間その気になればいくらでも笑顔で幸せに生きて行くことが出来ます。

他人事だと思って無責任な事を言ってるのではなく、私自身の過去の体験の中で身を持って何度も実証済み!恥ずかしいことではありませんから隠しませんし、聞きたい人にはいつでも胸を張ってお話しできます。

高価な食材が揃わなきゃ美味しい料理は作れないですか?いいえ、本気で取り組めばどこにでも売っている安い食材だけを使ってでもきっと心温まるおいしい料理は作れるはず。

何かの理由を見つけ出して「だから幸せじゃない」とか「だから不幸だ」と語る人は、自分が為すべき努力を怠りそうしたもっともらしく聞こえる理由に責任をなすりつけているだけです。もしもその理由が解消して無くなったって、すぐに他の理由を見つけ出し再び「だから幸せじゃない」とか「だから不幸だ」と語ることになるのです。

安い食材を使って美味しい料理が作れない人の多くは、理由を食材のせいにします。料理の腕の未熟さを棚に上げ「こんな材料では美味しい料理なんて作れない」とまで言い切ることでしょう。

違うと思いませんか?どんな食材を使っても美味しく食べてもらうために工夫し最大限の努力をしてみせるという情熱と前向きな気持ちが無いだけなのです。

毎日が楽しくて仕方が無く「一日が24時間では足りない」と思っている人がいる半面、人生なんてつまらないものだと毎日ため息ばかりついている人がいます。ため息をついている人だけが今世で苦を背負い続けなきゃならない運命だったのでしょうか?いいえ、何かを勘違いしているか生き方が下手くそなのかのいずれかです。