2017年9月と10月の東京でのウィリアム・レーネンのイベント アーカイブ - IBOK Japan

category: 2017年9月と10月の東京でのウィリアム・レーネンのイベント

10月の3日間のサイキック能力開発コース、人生に違いを作ります

2017.07.25
category: 2017年9月と10月の東京でのウィリアム・レーネンのイベント

主観、過去にすり込まれた価値観にのみフォーカスをし、主観から解放され、客観的に自分を感じることをしなければ魂の目的を受け入れ、生きることはこの人生ではなくなります。サイキック能力を開発すればするほど、この人生で自分は何をすべきかをよりクリアに知り、生きるようになるのです。また、人生の意味はお金、名声、思い通りにすることではないことをあなた全体で知るようになるのです。この知ってるという感覚を得ると、この人生を生きる意味をあなた全体で知るのです。サイキック能力を開発すれば、いやなことを避けたり、何か魔法を手にするわけではありませんが、究極的にあなたがこの人生をすべての側面で選択したあなたを受け入れ、楽に生きる方法です。

サイキックリーディングというのは、それが目的ではなく、結果的にそういうことができるようになるということです。あなたが、まずはあなたに取り組むこと、それがこの人にたずねてみようというエネルギーを創造するようになるのです。

10月の3日間のサイキック能力開発コース、すべての人が対象です。これまでの生き方、あり方を変えよう、本格的にサイキック能力を開発しよう、これまでサイキック能力開発に取り組んできたけれども、もっと先に進もうと思われる方も是非、ご参加ください。人生に違いを作る3日間です。



10月の3日間のサイキック能力開発コース、気づきの拡大でもあり、結果を思い通りにしようではなく、バランスと成長をゴールにしようと自然と受け入れられる意識への転換です

2017.07.24
category: 2017年9月と10月の東京でのウィリアム・レーネンのイベント

期待を克服すること、すべての人間の課題です。これをすればこうなるだろうと論理的な思考で生きることは期待です。これをやっても未来につながらない、お金にならない、仕事にならないというのも期待です。期待を持って生きること、人生を制限するだけではなく、本当に値するものを受け取ることができなくなります。

期待の原因はよいわるいという思考です。宇宙にはよいわるいなんて判断はありません。宇宙の中で起きることすべてがバランスと成長のためという観点でしか見ていないのです。この人はかわいそうだからチャンスをあげようなんて思っていないのです。

期待を克服し、値する経験を受け取るために必要なのは、ハートに従って生きることです。その後、どうなるかなんてどうでもいいのです。やってみた結果が思い通りにならなかったとしても、ハートに従って生きれば、そこにバランスと成長がもたらされるのです。あなたにとって思い通りにならなかったとしても、あなたの行動が人のバランスと成長に貢献した可能性だってあるのです。

それに気づけば、自分を尊んで生きることが怖くなくなりますし、すべての経験と出来事にはさまざまな側面があることを知り、思った通りに見える形で受け取らなかったとしても、バランスと成長に貢献すれば、宇宙はあなたを見捨てないという信念になっていくのです。

10月の3日間のサイキック能力開発コース、気づきの拡大でもあり、結果を思い通りにしようではなく、バランスと成長をゴールにしようと自然と受け入れられる意識への転換であり、サイキック能力と直感力をベースに自分を尊ぶエネルギーが創造され、あなたの意識の転換を周囲の人たちも気づいていくのです。フラストレーションの少ない、満足のある人生へのシフトです。


2017年10月の東京でのウィリアム・レーネンの対面個人セッション

2017.07.23
category: 2017年9月と10月の東京でのウィリアム・レーネンのイベント

ウィリアム・レーネンは、それぞれのスピリットガイド、ティーチャー、ハイアーセルフ、オーラからのメッセージを最初の20分でお伝えします。その後、ご質問をお受けします。通常、この20分に必要な情報はすべて入っています。この個人セッションをお申し込みになる際、ご希望の日時を備考欄に明記してください。セッションは60分です。場所はセッションの1か月前にお知らせいたします。録音機をおもちください。通訳が付いています。


10月のサイキック能力開発コースはあなたの人生を変えるエネルギーのあるものです

2017.07.23
category: 2017年9月と10月の東京でのウィリアム・レーネンのイベント

このコースは3日間、みなさんのオーラを見て、スピリットガイド、ティーチャーたちからのメッセージも同時にお渡しします。サイキック能力はスピリットとの会話でもあり、スピリットとの会話の仕方、サイコメトリ、その他さまざまなテクニックもお教えします。

生き方とテクニックを通して直感力、サイキック能力を開花させる方法であり、この3日間の後、あなたの人生はもう元に戻らないものになるでしょう。このコースはあなたの生き方を変えるエネルギーのあるものです。

直感力、サイキック能力を発揮したいなら、人がそのままでいる権利を一切、邪魔しないことです。それやめなさい、それは間違い、そんなこと一切、言わないことです。周囲で起きているものに対してもよい悪い、かわいそう、大変、成功、失敗なんて観点を捨てることです。宇宙の観点から見れば、すべてがただの経験であり、宇宙のどこかにバランスが実現されているのです。

直感力、サイキック能力はあなたの主観とは全く関係ないのです。主観を手放せない、あらゆることに感情的に反応する、結果を思い通りにしようとする人ほど、外からやってくる情報を受け取れないのです。そして、本当に値するものを受け取らない人生になるだけです。

私はあなたがしていることをいやだと思ったら、近い関係にならないだけです。直感、サイキック能力を開花させたいなら、このコンセプトを生きてください。


10月のサイキック能力開発コース、過去を捨て、本当の自分を知り、人生を変えるチャンスです

2017.07.21
category: 2017年9月と10月の東京でのウィリアム・レーネンのイベント

10月のサイキック能力開発コースの内容、自分を見るチャンスです。私の言うことに同意をする、しない、それには関係なく、あなたの中を正直に見る刺激となります。自分の中を正直に見て、知れば知るほど、直感力、サイキック能力は開花されるのです。なぜならば、正直さはあなた自身にブロックを創造しないからです。自分に正直である、そこにはよい悪いという価値判断がなく、自分の真実を見出す、つまり客観性の確立となるのです。私はアイスクリームが好きということを正直に認めるなら、人に何と言われようと好きなんだから仕方がないのです。あなたも人もアイスクリームが好きな事実をよい悪いなんて判断できないのです。事実の観察を表現するということです。

自分に正直であることは客観性です。客観性を自身に持てば、あらゆることを客観性を持って観察するようになるのです。主観を外し、客観的になるというのは、自分にそれだけエネルギーを創造することになります。あらゆることに主観的に判断し、反応すればするほどエネルギーを外に向けて失うのです。

エネルギーを創造すればするほど、スピリットからのメッセージを受け取りやすくなるのです。結果的にサイキック能力の開花となりますが、この3日間は過去のすり込み、思い込みを捨て、本当の自分に気づくチャンスです。


2017年9月30日に東京で開催されるウィリアム・レーネンの2時間ライブ

2017.07.21
category: 2017年9月と10月の東京でのウィリアム・レーネンのイベント

この2時間ライブ、ウィリアム・レーネンがそのサイキック、ミディアム、クレアボイヤンス、クレアオーディエンスなどの能力を使い、その時点でスピリットワールドが伝えてくるメッセージをお伝えするだけではなく、参加者の周辺に見えるもの、スピリットからのメッセージもお伝えします。

<東京>
開催日時:2017年9月30日(土)午後7時から9時
開催場所:東京都北区北とぴあスカイホール


すべての人がより大きな可能性を生きられる時代なのです。そのためにも必要なのは自分への自信、信頼、励まし、行動力のもとになる直感力とサイキック能力、その他の霊的能力の開花が大切なのです

2017.07.20
category: 2017年9月と10月の東京でのウィリアム・レーネンのイベント

10月、東京で開催するサイキック能力開発コース、対外離脱、チャネリングのワークショップ、世界で起きているさまざまな変化に対処するためにとても大切です。人生をより価値のあるものにし、満足にするために必要なものであり、個人の願い、望みよりも世界の家族のために取り組む意識に目覚めるチャンスです。

それぞれの個も大切ですが、そこに平和と調和にともに取り組むことを加えてください。そのためには、自分を知ること、個人に取り組むことなのです。世界中の摩擦はそれぞれが本当の自分に目覚めることなく、社会的、歴史的にすり込まれたものと本当の自分の摩擦の反映です。

10月のプログラムすべてが本当の自分に目覚め、変化にあふれ、本当の自分に気づかせられるエネルギーに満ちた水瓶座の時代に直感力、サイキック能力を毎日の生活の中で使っていくということなのです。その結果、それを仕事にしてもかまいませんが、自分に取り組むことなく外からやってくるさまざまな情報をキャッチすることはできないのです。

運気が、運命が何かを変えてくれるかもしれない、待っていれば何かが変わってくれるかもしれない、そんなことはないということをもう気づきましょう。ただ何もせずに待っている、それがもうネガティブなエネルギーを創造する時代なのです。フィーリングで行動をし経験を招く、選択をし、行動をし経験を招く、それをずっと続けバランスと成長をする時代なのです。思い通りにするとか、結果にこだわるとか、人にわからせるなんて時代ではないのです。この生き方へシフトできなければ苦しむだけです。

すべての人がより大きな可能性を生きられる時代なのです。そのためにも必要なのは自分への自信、信頼、励まし、行動力のもとになる直感力とサイキック能力、その他の霊的能力の開花が大切なのです。


10月の3日間のサイキックコース能力開発コース、もう同じことの繰り返しは止め、新しいアプローチで生きるチャンスです

2017.07.19
category: 2017年9月と10月の東京でのウィリアム・レーネンのイベント

招く人生、見つけてもらう人生、そちらの方が楽だと思いませんか?多くの人はその逆を生き、思い通りにならずにフラストレーションと不満にあふれています。自分に正直に生き、自分を尊び、行動して生きている人たちには客観的な情熱があるのです。これがピュアさです。客観的な情熱は人を動かし、人に与えるエネルギーになるので人を寄せていくだけではなく、招かれ、見つけられるようになります。思いがけなく招かれる、見つけられる、それは予想もしない経験であり、奇跡となるのです。奇跡とは予期しない経験すべてであり、喜びとなるのです。

この逆は主観的情熱であり、そこには期待と下心があります。こうすればこう見てもらえる、好かれる、これを得ることができるという期待と下心を持って行動をしたり、アプローチしている人にはクリアにわからなくても心地悪さを感じるのです。

客観的情熱と主観的情熱はハートをベースに生きるか、思考をベースに生きるかで決まります。ハートをベースに生きると、そこに理由はありません。ただ突き動かされるだけですが、思考は行動に理由を求めるのです。それがピュアさの欠落となるのです。

思考をベースに生きれば生きるほど、水瓶座の時代は苦しみます。思考はあなたの経験とそれにもとづく論理と過去のすりこみがベースなのです。あなたの経験と論理とすり込みではそうなるはずであったとしても、宇宙全体で見てそれが適切かどうか、わからないのです。

10月の3日間のサイキック能力コース、過去を浄化するものです。過去の経験、すり込み、あらゆる過去を浄化し、手放し、クリアなエネルギーのあなたがどう感じるか、つまり客観的情熱を創造するプロセスです。あなたがクリアなエネルギーになれば、副産物的に直感力、サイキック能力は開花するのです。多くの場合、思考をベースにした主観、つまりなんでも思い通りにしようとする癖がさまざまな能力の開花を阻害し、大きな流れに任せて値する経験を招く邪魔になっているのです。

10月の3日間のサイキックコース能力開発コース、もう同じことの繰り返しは止め、新しいアプローチで生きるチャンスです。やり方を変えれば、結果が変わります。同じこと、同じパターンを繰り返し、同じ結果を受け取り続ける人生って退屈じゃありませんか?


10月の2日間の対外離脱のワークショップは前後の間に1週間を空けました。より多くの人にもっと対外離脱をし、本当の自分を生きる力を得てほしいと思います

2017.07.18
category: 2017年9月と10月の東京でのウィリアム・レーネンのイベント

夢はバランスをもたらすツールとして使えます。悪夢は日常生活の中での感情的なことにバランスをもたらすためにあるのであり、怖がる必要はありませんが、感情的な問題に意識的に取り組むことも大切です。悪夢しか見ないのであれば、自分に正直になり、感情的な恐怖、悲しみ、さまざまなことを手放す必要があるということです。

寝ている間に感情的なバランスをもたらすことに使ってしまうよりも、対外離脱をもっとしてください。対外離脱をすればするほど、もっとあなたの人生は変わります。自信の確立、直感力と冒険心の高まり、決意につながります。

対外離脱、とても大切です。対外離脱をすることはスピリットワールドとの会話、あなた自身の魂とのふれあいなどさまざまなメリットがあり、よい悪いという判断を捨て、すべては成長とバランスだという人生を歩むようになるのです。よい悪いではなく、すべては成長とバランスという観点、あなたにもっと客観的な生き方を与えるようになるでしょう。客観的であればあるほど、人生に何がやってこようとも、また1つ対処することであり、満足と喜びを生きるようになるのです。

満足と喜びとは、人生の経験に対処し、前進することだと多くの人が満足と喜びの定義をこの水瓶座の時代に変えていくでしょう。魚座の時代に親、社会にすり込まれたわかりやすい安定、お金、家族、恋人、仕事ではなく、あなたの霊的成長であることに気づくのです。そうすれば、すべての経験がどんなものであっても祝福であることに気づくのです。

10月の2日間の対外離脱のワークショップは前後の間に1週間を空けました。より多くの人にもっと対外離脱をし、本当の自分を生きる力を得てほしいと思います。


自分をほめるパワー

2017.07.17
category: 2017年9月と10月の東京でのウィリアム・レーネンのイベント

私が発する言葉、すべてにおいて精神論的なきれいごとを言っているのではありません。エネルギーを見て事実を言っています。

たとえば、自分をほめればほめるほど、みぞおちにエネルギーがたまっていくのです。みぞおちはサイキックのエネルギーが出入りするところです。ここのエネルギーの出入りが自然になるためには、自分をほめるということなのです。サイキック能力を確立すればするほど、人の反応に翻弄され、自信がない、決められないなんて人生を止めていくのです。

自分をほめることがなぜできないと思いますか?自分を認め、ほめ、信じることは身勝手だとすり込まれていること、本当の自分に正直ではないこと、人と自分を比較するからです。

何かを達成した、それを認めることは身勝手ではなく、事実をありのまま客観的に認めるということなのです。自分を客観的に見ることをしなければしないほど、外に満足と幸せを求めます。誰かが認めてくれれば、誰かがほめてくれれば満足と幸せが来ると信じ、人の反応に翻弄され続けるのです。結婚すれば、家庭を持てば、仕事があれだったら、これだったら幸せ、満足と自分を無視続け、雑に扱い、永遠に外に求め続けるのです。そんな人生を生きていたいですか?本当の幸せと満足は、何があっても、何がなくても、あなたの中から出てくるものであり、外にあるものではないのです。

世の中を客観的に見てください。本当の自分を尊ばず、知ろうとせずに生きてきた人たち、この水瓶座の時代のエネルギーであるバランスと成長のエネルギーに対処できずに、今も魚座の時代のすり込みにしがみつき、思い通りにならなければ怒りを爆発させたリ、問題、病気を創造しています。これからますますそうなります。

10月の3日間のサイキック能力開発コース、これまでに私の書籍やイベントで私の言っていることがわかっていても、この3日間で創造されるエネルギー、あなたの理解をまた違うレベルにするのです。

publications

幸せのサイン
ウィリアム・レーネン 著

きらきらオーラで幸せを引き寄せる本
ウィリアム・レーネン 著

幸運体質になれる浄化ブック (単行本)
ウィリアム・レーネン 著

トビラ ([バラエティ])
ウィリアム・レーネン 著

CHANGE!
ウィリアム・レーネン 著

인생을 만들다
ウィリアム・レーネン 著

드림타임에서 만나요
ウィリアム・レーネン 著

心がポジティブに穏やかになる本
ウィリアム・レーネン 著

人生を創る
よしもとばなな 著

幸運力が高まる生き方 (中経の文庫)
ウィリアム・レーネン 著

生き方の答えが見つかる本
ウィリアム・レーネン 著

DVD付 直感力が高まる生き方
ウィリアム・レーネン 著

すべての人が幸せになる魔法の言葉
ウィリアム・レーネン 著

행운의 소리
ウィリアム・レーネン 著

レーネンさんのスピリチュアルなお話
ウィリアム・レーネン 著

categories

archives

archives

twitter

links