宇宙時間

宇宙時間、そこには宇宙のすべての惑星、次元が含まれます。惑星の中にはそれぞれが作り出した時間がありますが、多くの惑星、次元、宇宙時間を生きています。地球上の人間、人間にもとづいて地球時間を作り出しましたが、地球上の人間以外の生命と宇宙の生命を考慮していません。

地球時間、つまり人間のあり方、宇宙の集合意識の一部であるにもかかわらず、大きな摩擦を生み出しているのです。また、地球時間という人間のあり方、多くの人間にとって内なる摩擦も創造したのです。人間は自らが作り出した地球時間という人間のあり方を生きようとしますが、ハイアーセルフは宇宙時間を生きることを望んでいます。地球時間という人間のあり方、自分だけにフォーカスし、あらゆるもの、異なる新しいものをよい悪いと裁くのです。宇宙時間、それぞれの生命がそれぞれのサイクルによって目覚め、眠ることをよしとしています。宇宙時間にはそれぞれの過去の経験は関係なく、未来がどうなるかということにも関係していません。

宇宙時間にはよい悪いはなく、すべてのこと、生命が宇宙内のすべての生命のためのバランスを実現する一部であるということです。宇宙時間を生きれば、犯罪、暴力がより少なくなります。なぜならば、すべての生命が今を生き、あらゆることをよい悪いと判裁いたり、非難をしないからです。

考え方、行動がネガティブな惑星のグループがありますが、自分たちの惑星にずっといるのです。すべてがネガティブ、どんな世界か想像もつかないかもしれませんが、ここにいる生命たちはネガティブなのです。他の惑星に行くこともありますが、乗っ取ろうとは思わないのです。しかし、この惑星でも宇宙時間を生きているのです。光と闇、ネガティブとポジティブの戦いなどありません。魂がポジティブな環境に生まれ、ポジティブな生き方に慣れない場合、もっとその魂にとって心地よい惑星に送られるのです。ポジティブなエネルギーがネガティブな環境に生まれる場合も同じです。ポジティブな惑星に送られるのです。自分たちと違う、非難、批判、暴力を使って殺そうなんて思わないのです。

さまざまな銀河に存在するいろんな存在たち、地球にコンタクトはしないのです。地球を訪問すれば、悪い意図を持って来ていると攻撃されるとわかっているからです。宇宙人たち、宇宙時間を理解し、地球時間とあり方を生きていない人たちにコンタクトしてくるのです。

宇宙時間に人間の使っている地球時間は含まれません。地球時間は人間が創造したものであり、人、出来事、状況を思い通りに支配するという意図です。

宇宙時間、すべての生命が今を生きることを支配したり、変えようとしたり一切、しないのです。宇宙時間ではすべての生命、出来事、状況がそのままで適切であるということを生きています。人間はすべての人に寝る、起きる、働く、結婚をすることを同じ時間のサイクルで行うことを課しているだけではなく、こうあるべき、あああるべきと善悪で裁き、非難、攻撃をし、思い通りにならなければ訴訟、暴力に訴えています。宇宙の中でこんなことをしている惑星はほぼありません。ネガティブに考え、生きている惑星でさえ、宇宙時間を生き、非難、攻撃などしていないのです。

10月27日の宇宙時間を生きるワークショップ、この生き方が宇宙人、その他、人間から姿を隠している生命、スピリットワールドとの遭遇へとのつながりになります。地球時間と地球のあり方が宇宙の中でのマイノリティであり、人間がシリアスにとらええている多くのことがどうでもいいことであることに気づくでしょう。せめてこの生き方があることを知っていれば、人間が人間に課している多くの伝統的あり方、習慣などどうでもいい多くのことをもっと手放せます。

2018年10月と11月のウィリアム・レーネンの東京でのイベントのお申込み

2018年10月27日に成田で開催されるウィリアム・レーネンの宇宙時間を生き、世界、社会のあらゆる影響を受けない生き方をするワークショップ

2018年11月3日に成田で開催されるウィリアム・レーネンの宇宙人と宇宙船と遭遇するためのワークショップ

2018年11月23日、24日、25日に成田で開催される超能力開発コース(30名)

2018年12月のウィリアム・レーネンのカウアイ島でのイベント

12月1日から6日にカウアイ島で開催されるウィリアム・レーネンのイベント(15名のみ)のお申し込み

ウィリアム・レーネンのオフィシャルツイッター

ウィリアム・レーネンの変化と喜びを実現するエネルギーカード公式ブログ

ウィリアム・レーネンのウィークリーメッセージへのお申込み

ウィリアム・レーネンについて

サイキックミディアムとして米国で長年、テレビ、ラジオ、教会、企業、大学など、さまざまなメディアや団体において、抜きん出た豊かな才能を発揮し、多くの人にメッセージを伝えてきました。アメリカではドクター・ピーブルズをチャネルする存在として知られてきました。すべての人間がそれぞれの時間、空間、方法によって成長することを何よりも尊重しなくてはならないこと、宇宙の法則と霊的哲学を生きることが今、最も大事であると説いています。
現在、あらゆる概念を、2000年からはじまった水瓶座の時代にアップデートするために、ワークショップ、著作物を通して変化への対応をさまざまなスタイルで発信しています。水瓶座の時代のエネルギーに合致する、人々が幸せを実感する新しいあり方、考え方を提唱しています。よしもとばななさん、みよこ先生、酒井法子さんとの共著を発表しています。これまでに30冊を超える著作物が日本と韓国で発売されています。