ウィリアム・レーネンの宇宙人と宇宙船と遭遇するためのワークショップに参加された方から

今回のワークショップ、頭をガツンと殴られたような気分です。

体にへばりついていたたくさんの大きなタイルを剥がされたような気分でもあります。

宇宙人と宇宙船のワークショップでしたが、他のこと、とくに愛について多くのことを学びました。

まず、ワークショップの間中ずっと立って、大きな声でお話してくれたレーネンさん、伊藤さん。

「ここにいるよ」ということを知らせるためだけに遠くから来てくれた宇宙船。

呼んでも、何もできない私たちのために準備をして、燃料も使って来てくれました。

ラディソン成田の庭のまさに私たちの頭上ででゆっくりと優しい点滅で合図をしてくれました。

ハワイ島でクジラが尻尾で海面を叩いてコンタクトしてくれたのを思い出し、形も次元も違う宇宙人を同じ生命として身近に感じました。

ワークショップが終了してレーネンさんが立ち去られた後は別のタイプの宇宙船も来てくれました。一緒に残っていた方たちと同じものを見れたのも、うれしかったです。

夜中にはまた夜空での光の点滅と、光が隊列を組んでガーッと行くイメージを感じました。

ワークショップが終わってからじわじわと、自分が今までいかに傲慢な人間だったか、自分のことしか考えていなかったかということを思い知らされています。

「全ての人がそのままでいる権利を愛する」という言葉も字面だけでなく、本当の意味で理解し始めているのを感じます。

とにかく、今回のワークショップは私にとって大きな衝撃でした。

ありがとうございました。

2018年10月と11月のウィリアム・レーネンの東京でのイベントのお申込み

2018年11月23日、24日、25日に成田で開催される超能力開発コース(30名)

ウィリアム・レーネンのオフィシャルツイッター

ウィリアム・レーネンの変化と喜びを実現するエネルギーカード公式ブログ

ウィリアム・レーネンのウィークリーメッセージへのお申込み

ウィリアム・レーネンについて

サイキックミディアムとして米国で長年、テレビ、ラジオ、教会、企業、大学など、さまざまなメディアや団体において、抜きん出た豊かな才能を発揮し、多くの人にメッセージを伝えてきました。アメリカではドクター・ピーブルズをチャネルする存在として知られてきました。すべての人間がそれぞれの時間、空間、方法によって成長することを何よりも尊重しなくてはならないこと、宇宙の法則と霊的哲学を生きることが今、最も大事であると説いています。
現在、あらゆる概念を、2000年からはじまった水瓶座の時代にアップデートするために、ワークショップ、著作物を通して変化への対応をさまざまなスタイルで発信しています。水瓶座の時代のエネルギーに合致する、人々が幸せを実感する新しいあり方、考え方を提唱しています。よしもとばななさん、みよこ先生、酒井法子さんとの共著を発表しています。これまでに30冊を超える著作物が日本と韓国で発売されています。