グラウンディング

私は、この言葉の意味、よくわかりません。グラウンディングというのは、木が大地に固定されている状態です。

人間がグラウンディングをすればするほど成長をしなくなるのです。ヘビーなエネルギーで固定されているのです。行動もしなくなります。移動も動きもなくなります。精神疾患の人たちでさえ、グラウンディングをしない方が断然いいのです。

なぜスピリチュアル業界の人たちがこの言葉を使うのかはわかりませんが、グラウンディングをすればするほど成長しません。

昨日までやった3日間の超能力開発コース、オープンになり、宇宙とつながり変化、進化していくものであり、グラウンディングとはその逆のあり方です。私の意見です。

ウィリアム・レーネンの12月のウェブカメラによるセッションのお申込み

☆2018年12月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッションのお申込み

ウィリアム・レーネンのオフィシャルツイッター

ウィリアム・レーネンの変化と喜びを実現するエネルギーカード公式ブログ

ウィリアム・レーネンのウィークリーメッセージへのお申込み

ウィリアム・レーネンについて

サイキックミディアムとして米国で長年、テレビ、ラジオ、教会、企業、大学など、さまざまなメディアや団体において、抜きん出た豊かな才能を発揮し、多くの人にメッセージを伝えてきました。アメリカではドクター・ピーブルズをチャネルする存在として知られてきました。すべての人間がそれぞれの時間、空間、方法によって成長することを何よりも尊重しなくてはならないこと、宇宙の法則と霊的哲学を生きることが今、最も大事であると説いています。
現在、あらゆる概念を、2000年からはじまった水瓶座の時代にアップデートするために、ワークショップ、著作物を通して変化への対応をさまざまなスタイルで発信しています。水瓶座の時代のエネルギーに合致する、人々が幸せを実感する新しいあり方、考え方を提唱しています。よしもとばななさん、みよこ先生、酒井法子さんとの共著を発表しています。これまでに30冊を超える著作物が日本と韓国で発売されています。