家族だからという言い訳、もう通用しない時代です

子供が14歳、15歳になったら、保釈金なんて払う必要はないのです。「あなたの選択によって刈り取るべき結果があるのです」と伝えてください。愛し、励ましてください。借金があるなら、「自分でどうにかして」と言うことです。親が死ぬときに子供にお金を残す、カルマの創造です。子供の魂が経験したいこと、経験すべきことを親が邪魔しているのです。16歳を超えて親と住んでいる方、もうすぐに親元を去るときだと準備してください。高校を卒業したら友人と住んでいいと思います。自分を小さく生きないでください。家族であれ、それぞれが自分に責任を取る時代です。家族だからという言い訳、もう通用しない時代です。

ウィリアム・レーネンの1月のウェブカメラによるセッションのお申込み

2019年6月15日から21日にオレゴンで開催されるウィリアム・レーネンのイベントのお申込み

☆2019年1月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッションのお申込み

ウィリアム・レーネンのオフィシャルツイッター

ウィリアム・レーネンの変化と喜びを実現するエネルギーカード公式ブログ

ウィリアム・レーネンのウィークリーメッセージへのお申込み

ウィリアム・レーネンについて

サイキックミディアムとして米国で長年、テレビ、ラジオ、教会、企業、大学など、さまざまなメディアや団体において、抜きん出た豊かな才能を発揮し、多くの人にメッセージを伝えてきました。アメリカではドクター・ピーブルズをチャネルする存在として知られてきました。すべての人間がそれぞれの時間、空間、方法によって成長することを何よりも尊重しなくてはならないこと、宇宙の法則と霊的哲学を生きることが今、最も大事であると説いています。
現在、あらゆる概念を、2000年からはじまった水瓶座の時代にアップデートするために、ワークショップ、著作物を通して変化への対応をさまざまなスタイルで発信しています。水瓶座の時代のエネルギーに合致する、人々が幸せを実感する新しいあり方、考え方を提唱しています。よしもとばななさん、みよこ先生、酒井法子さんとの共著を発表しています。これまでに30冊を超える著作物が日本と韓国で発売されています。