もう何も言わないことです

いつまでも同じことを言っている人っています。同じ問題をずっと言って人にアドバイスを求めているようで聞くつもりなんてないのです。今、非常に重要なことはこういう人たちに何も言わないことです。相手が問題を言っても何も言わないことです。問題を聞き、反応し続ける、それ自体がネガティブなのです。問題を言い続けている人たちは変わるつもりなんてないのです。痛みが好きなのです。

たとえば、体のここが痛い、あそこが痛いと言い続け、解決しようとしない人にあそこに行けば、これをやってみればと提案したところで変わるつもりはないのです。痛みが好きなのです。痛みを抱え続けることで何かを達成したいのでしょう。

人の愚痴、不満、フラストレーションにもう何も言わないことです。そういう時代なのです。それよりも、あなたの魂の意図を生きることです。そのためにあなたの時間とエネルギーを使ってください。

ウィリアム・レーネンの1月と2月のウェブカメラによるセッション

4月と5月の東京のイベント、6月のオレゴンでのイベントのお申込み

☆竹本高義の絵

2019年6月15日から21日にオレゴンで開催されるウィリアム・レーネンのイベントのお申込み

☆2019年2月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッションのお申込み

☆2019年4月と5月のウィリアム・レーネンの東京での対面セッション(1時間)のお申込み

☆2019年4月27日に東京で開催されるウィリアム・レーネンの2時間ライブのお申込み

☆2019年5月5日に東京で開催されるウィリアム・レーネンのドリームパワーで人生をより満足にするワークショップのお申込み

☆2019年5月18日と19日に成田で開催されるウィリアム・レーネンのスピリットとのつながりと対話を創造するワークショップのお申込み

☆2019年5月25日と26日に成田で開催されるウィリアム・レーネンのチャネルパワーを使うワークショップのお申込み

ウィリアム・レーネンのオフィシャルツイッター

ウィリアム・レーネンの変化と喜びを実現するエネルギーカード公式ブログ

ウィリアム・レーネンのウィークリーメッセージへのお申込み

ウィリアム・レーネンについて

サイキックミディアムとして米国で長年、テレビ、ラジオ、教会、企業、大学など、さまざまなメディアや団体において、抜きん出た豊かな才能を発揮し、多くの人にメッセージを伝えてきました。アメリカではドクター・ピーブルズをチャネルする存在として知られてきました。すべての人間がそれぞれの時間、空間、方法によって成長することを何よりも尊重しなくてはならないこと、宇宙の法則と霊的哲学を生きることが今、最も大事であると説いています。
現在、あらゆる概念を、2000年からはじまった水瓶座の時代にアップデートするために、ワークショップ、著作物を通して変化への対応をさまざまなスタイルで発信しています。水瓶座の時代のエネルギーに合致する、人々が幸せを実感する新しいあり方、考え方を提唱しています。よしもとばななさん、みよこ先生、酒井法子さんとの共著を発表しています。これまでに30冊を超える著作物が日本と韓国で発売されています。