寝ている間に見る夢、あらゆることにバランスをもたらすことができるのです

夢、さまざまなレベルがありますし、さまざまな役割がありますので、夢を有効に使う、非常に役立つのです。心配、過度の思考への依存をしている人たちは夢を有効に使うことができません。夢はバランスを実現するためにあるのに、こういう人たちは悪夢を見たり、思考による邪魔によって夢を有効に使うことができないのです。悪夢に意味があるのではなく、悪夢を見ることで感情的なバランスに役立ててしまうのです。霊的なガイダンス、過去世、その他さまざまことにバランスを実現するために使える夢を同じことに繰り返し繰り返し使ってしまうのです。

質の高い夢を見れば見るほど人生は変化していきます。受け取ったガイダンス、それをはっきりと覚えていなくても必要に応じて使っていくのです。5月5日に東京で開催されるウィリアム・レーネンのドリームパワーで人生をより満足にするワークショップ、夢を通してバランスをもたらす方法をたくさんシェアします。