フィーリングだけがあなたにあなただけの真実を伝えてくれるのです

多くの人の頭の中、過去と未来のことでいっぱいです。この瞬間まですべて過去です。これをしなかった、あれをしなかったと自分を責め、同じことを繰り返し考えるか、これからどうなるだろう?お金は?と今を生きていません。

今、あなたがしたいことをしてください。踊ってもいいですし、歌ってもいいですし、チーズケーキを食べたいならそうしてください。あなたが行動をしなかったこと、考えて72時間が経過してしまったのなら、もう手放さなくてはならないのです。それが悪いわけでもないですし、それが悪い未来へとあなたを導きわけでもありません。

受け取ったアイディア、インスピレーションにただ行動を起こさなかったというだけです。人間、完璧じゃないのです。次の機会にはぱっと行動するように自分を律することもできますし、いつまでもうじうじしているかもしれませんが、それも72時間を経過したら手放すことです。

ポイントは、今を生きるということです。いつまでも過去のやらなかったこと、やったことで自分を責め続けないことです。変われないなら、変われないと決めることです。ネガティブな思考を止められないなら、苦しんでいることを楽しむ自分だと受け入れ、それを生きるしかありません。それが嫌なら、変えるしかないのです。自分に正直になってください。多くの人が苦しむこと、自分を罰し続けることが好きです。変わらないなら、同じ人生をまた創造しなくてはなりませんが、それも選択の結果なのです。この人生もどこかの人生の選択の結果なのです。

変わらないと決めれば苦しみ続け、大きな目覚ましコールをハイアーセルフ、スピリットワールドから痛みという形で経験を受け取り、もう十分といつか思ってポジティブを選択するかもしれません。水瓶座の時代はバランスです。ネガティブにふれすぎたなら、ポジティブでバランスを取るのです。ネガティブが悪い、ポジティブがいいではなく、バランスの時代なのです。あなたのフィーリングで感じてみてください。振り子のように一方だけにふれているなら、それにバランスを実現するために反対の生き方、エネルギーが必要なのです。

支配され続けているなら、支配されないことが重要なのです。自分の人生を正直に振り返り、バランスが欠けていることを見つめてください。あなたの人生です。型にはまり続けている人生を続けているなら、自由を実現することです。あなた自身に何がバランスの欠如になっているのかをたずね変えること、そのためにこの人生があるのです。バランスが欠けているのはどこかを知り、喜び、満足を生きるためにフィーリングを使う必要がある時代なのです。

フィーリングだけがあなたにあなただけの真実を伝えてくれるのです。

ウィリアム・レーネンの3月のウェブカメラによるセッション

4月と5月の東京のイベント、6月のオレゴンでのイベントのお申込み

☆2019年3月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッションのお申込み

☆竹本高義の絵

2019年6月15日から21日にオレゴンで開催されるウィリアム・レーネンのイベントのお申込み

☆2019年4月と5月のウィリアム・レーネンの東京での対面セッション(1時間)のお申込み

☆2019年4月27日に東京で開催されるウィリアム・レーネンの2時間ライブのお申込み

☆2019年5月5日に東京で開催されるウィリアム・レーネンのドリームパワーで人生をより満足にするワークショップのお申込み

☆2019年5月18日と19日に成田で開催されるウィリアム・レーネンのスピリットとのつながりと対話を創造するワークショップのお申込み

☆2019年5月25日と26日に成田で開催されるウィリアム・レーネンのチャネルパワーを使うワークショップのお申込み

ウィリアム・レーネンのオフィシャルツイッター

ウィリアム・レーネンの変化と喜びを実現するエネルギーカード公式ブログ

ウィリアム・レーネンのウィークリーメッセージへのお申込み

ウィリアム・レーネンについて

サイキックミディアムとして米国で長年、テレビ、ラジオ、教会、企業、大学など、さまざまなメディアや団体において、抜きん出た豊かな才能を発揮し、多くの人にメッセージを伝えてきました。アメリカではドクター・ピーブルズをチャネルする存在として知られてきました。すべての人間がそれぞれの時間、空間、方法によって成長することを何よりも尊重しなくてはならないこと、宇宙の法則と霊的哲学を生きることが今、最も大事であると説いています。
現在、あらゆる概念を、2000年からはじまった水瓶座の時代にアップデートするために、ワークショップ、著作物を通して変化への対応をさまざまなスタイルで発信しています。水瓶座の時代のエネルギーに合致する、人々が幸せを実感する新しいあり方、考え方を提唱しています。よしもとばななさん、みよこ先生、酒井法子さんとの共著を発表しています。これまでに30冊を超える著作物が日本と韓国で発売されています。