スピリットとつながり、対話をすることとチャネリングの違い

スピリットとつながり、対話をする、これは体と脳を使うものです。体全体から感じることによって脳が受け取るものを変換するものであり、脳はあくまでも情報を正確に解釈するだけです。脳が勝手に主観にもとづいて解釈するものではなく、スピリットからの守り、ガイダンス、癒し、強さを受け取るものです。今、すべてはバランスという観点で動いています。人間の主観的な望みで動いてはいきません。スピリットは皆さんの人生のバランスを知っています。バランスを達成する人生を実現する取り組みを最大限に応援します。不必要な経験からは守るのです。事故、けが、その他、さまざまなことから守ります。より大きく生き、もっと値するものへとあなたを導くのです。バランスという観点で動く今、スピリットとのつながり、対話をすることは非常に重要なのです。それぞれの個人の人生にとって大切なものです。最強のベストフレンドを得ることになるのです。
 
チャネリング、これも脳を使うものですが、主観的な脳を使うのではなく、これまでに使ってこなかった脳を使うのです。ハイアーセルフ、スピリット、宇宙からの情報とエネルギーをこの世界のために使うのです。新しい情報、哲学、アート、発明、エネルギーを世界のためにチャネルするのです。スピリットとつながり、対話をするのは個人のバランスと満足のためですが、チャネリングはピュアに情報とエネルギーを集合のために使うのです。
 
スピリットとつながり対話をすることとチャネリングは全く別なものです。しかしながら、この2つを学ぶメリットは客観性、クリアさ、自信、自分への信頼を確立するのです。より大きな観点で生き、大きなバランスの一部として生きることに目覚めるのです。
 
5月のスピリットとつながり対話をするワークショップ、チャネリングのワークショップ、それぞれに重要です。進化に向けて生きていくためにも是非、参加してください。これまでの生き方、考え方では通用しないということです。一人一人の進化が非常に重要なのです。