見慣れないものはネガティブ、怖い、地球時間を生きているのです

地球人たちは自分たちと外見が違うとネガティブ、怖いという反応をすり込まれています。人間を基準にして外見が違えばモンスターと呼びます。しかしながら、人間にとってはモンスターに見えても、非常に進化した存在はたくさんいます。地球人たちは地底に住んでいる人たち、イエッティを攻撃しました。人間の前に姿を現さないのは、これまでの人間のひどい扱いのためです。多くの宇宙人たち、地球を侵略する気なんてありません。虎視眈々と狙ってもいません。そんなこと数千年前にできるくらいのテクノロジーを持っています。テレビ、映画でやっている宇宙人との戦いなんてないのです。

自分たちとは違う外見はネガティブ、怖い、地球人が勝手に作り上げた支配的な価値観です。これが、霊的成長の大きな妨げになっているのです。スピリットが怖いというのも同じでしょう。確かにネガティブなスピリットはいます。しかし、あなたは毎日詐欺を働き、暴力をふるい、慈悲の心もなく生きていますか?ネガティブなスピリットが同調できるのは、そういう生き方をしている人たちです。あなたの中に入ることなんてできないのです。あなたにとりつき、あなたを支配することなんてできないのです。

地球時間、自分を中心にした身勝手で支配的な地球のあり方です。そういうものを少しずつ手放すことです。そうすれば、もっと霊的に進化し、高度な存在たちとつながり、触れ合うのです。

5月18日と19日に成田で開催されるウィリアム・レーネンのスピリットとのつながりと対話を創造するワークショップ、見えないから、外見が違うからと恐れる、それを克服することにもなるでしょう。みなさんに目でスピリットを見ていただきます。