ドリームタイムという次元、学びの次元です

ドリームタイムという次元、学びの次元です。これは、夢の世界ではなく、そういう名前の次元です。私は、ここでは私の姿ではありません。ここでワークショップで出会った人たちに会うこともありますが、必ずしもワークショップで出会ったそのままではありません。ある人はモンスターのような姿でいます。この次元はすべての生命が学ぶ次元です。

私が知っているある男性、この次元に入ってきたと思うと、また出てしまいます。恐れ、外見による偏見などがあるからです。地球時間ですり込まれた見知らぬものはネガティブ、怖がるべきという考え方、多くの人の霊的成長を足止めしています。人間の方が野蛮なのです。モンスターと人間が判断する存在たちの方が断然、進化しているのです。いい事例がイエッティです。イエッティたちは進化しています。私の祖母をモンゴルからロシアへ逃がし、救ってくれたのはイエッティたちです。宇宙人は地球を攻撃する、それは地球人が野蛮だからそう考えるのです。そんなことに宇宙人は興味はないのです。

このドリームタイムという次元に頻繁に行く人たち、いろんなことを学びます。日常生活にもっと理解、平和を実現していくのです。このドリームタイムに行くための方法、5月の夢のワークショップでシェアします。毎日、実践することで夢の質が変わります。夢の能力を伸ばそうということに取り組むこともできます。夢の能力を伸ばせば、霊的成長、日常生活の変化、様々なことが可能なのです。過去世にバランスをもたらすこともできます。夢を通して人にメッセージを与えることもできるようになるのです。

☆2019年5月5日に東京で開催されるウィリアム・レーネンのドリームパワーで人生をより満足にするワークショップ、楽しめるでしょう。みなさんが克服すべき考え方、生き方をシェアします。意識のオープンさ、恐れるものはないという境地に至れば至るほど、夢を通していろんなことを実現できるのです。夢って本当に素晴らしいツールなのです。