魂の目的を生き、この人生を満足に終えたい方、5月の2日間のスピリットとのつながりと対話のワークショップにいらしてください

あなたの魂の目的を生きれば、どこに住む、誰といる、何をするなんて関係ないのです。魂の目的を生きているかどうかさえわからないけれども、魂の目的を生きている人たちもいます。

何度も職場を変えたり、解雇されたりしている人たち、その人たちのエネルギーが霊的な仕事をしていることもあるのです。その人たちのエネルギーが人を癒したり、成長させたりするエネルギーに使われているのです。与えるだけ与えると、もう違うな、終わったなと感じるのです。次の仕事場に呼ばれるのです。

本人はなんで仕事が続かないのだろうと思うかもしれませんが、魂はそれで満足しているのです。仕事の内容が好き、嫌いではなく、集合意識に呼ばれて行くのです。

多くの人、自分以外に満足を求めています。人に感謝されたい、理解されたい、どんな仕事をする、どこに住む、誰といる、お金がどれだけある、そんなものは魂の目的と違うのです。究極的にそんなものはどうでもいいのです。

スピリットとつながり、対話がある人たちは魂の目的を生きていきます。感じることに正直であり、自分を尊んで生きていきます。何がある何がないなんてどうでもいいのです。どこに住み、何をし、誰といて、お金があるかないかなんてどうでもいいのです。わき上がる満足がある、大切なのはそれだけです。

いつまでも外に求める生き方をし続けますか?結婚、仕事、こういう家、こういう車、こういうものと形を作ったとしてもそこに究極の満足はないだけではなく、また別な人生で魂が求める人生をやらなくてはならないのです。あなたの脳が考える満足と魂の満足は大きく異なる場合がほとんどです。思考は社会と家族のすり込みを生きています。

スピリットの声はあなた全体で感じることです。もう終わったと感じることを尊ぶ、新しい扉のドアを開き、魂の求める経験に導かれるのです。究極的な満足、スピリットの声である、あなた全体で感じることに行動をしていくことです。

自分以外の何かに振り回されるのではなく、魂の目的を生き、この人生を満足に終えたい方、5月の2日間のスピリットとのつながりと対話のワークショップにいらしてください。