6月のオレゴンでのイベント、毎日の忙しい生活から完全に抜け、ただエネルギーを感じることにフォーカスをする、人生に大きな違いを創造するのです

木を触ったら、ハグをするか、背中を寄りかかってください。なぜかわかりませんが、木は人間が背中で寄りかかれるのが好きです。熊、木に背中をつけて寄りかかります。木とコミュニケーションをしているのです。

木に背中をつけ、体のどこが反応するかを感じてみてください。木、全部、同じではないのです。すべての木が違います。歩きながら土を触りたいと感じたら触ってください、ゆっくり触ってエネルギーを感じてください。素早くやらないでください。なぜかわかりませんが、みなさんの手はエネルギーを感じるセンサーです。手のひらを活用して感じながらゆっくり歩いてください。

なるべく早くやるように、すり込みです。人間は早いはよいというすり込みをされています。エネルギーを両方の手のひらで感じる、ゆっくり、ゆっくり両手を近づけ、広げ、エネルギーを感じてください。エネルギーを感る、もっとゆっくりやることです。ゆっくりすることが難しい人、ゆっくりすることがレッスンです。ゆっくり歩く、ゆっくり何かをする、ゆっくりやればやるほどエネルギーを感じ、もっと自分全体を生きるようになるのです。

6月のオレゴンでのイベント、このゆっくりとさまざまなエネルギーの違いを感じることにフォーカスをします。木はすべて同じではありません。海岸もすべて同じではないのです。体のさまざまな場所で反応をしています。さまざまなエネルギーをゆっくりと感じれば感じるほど、どこにいても、誰といてもあなたはどう感じるかを知っていくのです。直感、サイキック能力の進化になるのです。

毎日の忙しい生活から完全に抜け、ただエネルギーを感じることにフォーカスをする、人生に大きな違いを創造するのです。特に帰国後、あなたがこれまでにいる場所にあなたはどう感じるかに向き合うことになるでしょう。