ミディアム(霊媒)能力とチャネル能力は違います

スピリットとつながり、対話をするのはミディアム(霊媒)の能力です。これは、体全体、つまりチャクラすべてを使って受け取るエネルギーを脳が変換するものです。チャクラ全体のエネルギーが脳を使うのであり、脳が勝手に解釈するものではありません。チャネルも脳を使いますが、チャネル用の脳を使い、ハイアーセルフ、スピリット、宇宙からの情報、エネルギーを受け取るのです。両方とも客観性を必要としますが、まったく違うものです。

ミディアム能力は、より個人の人生を満足に生きるために使い、チャネルは自分と世界のために使うことができるのです。どちらも客観性、自分への自信、決断、行動につながります。なぜならば、すべてによい悪い、正しい間違いはないことに意識が拡大していくからです。主観的意見を超えたものがあることに気づけば気づくほど、恐怖、過去を手放していくのです。