ウィリアム・レーネンの2時間ライブに参加された方から

レーネンさんは、先行ってる。そりゃ色々あるけど確信を持って生きている。…そう思った。
プログでも繰り返し語っていることも言葉を変えたりして話してた。
よく読んでる人は分かるよね。
聞いてて汗が出た。
私はまだ整えてない。考えて、つい手元に残しちゃう(物とか立場とか周囲が私を見る印象!とか)
感化されて動いている自覚はあるのだが、…遅い。進んではいるとはおもうけど、 全くノロい。
多分アレとアレなんかスグ処理したら、人生いいじゃん  との気分になる←と予想している
 想っててもなかなか動けない、動作がやっぱり私はノロいなあ、もう‼︎。との実感が増したライブでした。
唯、焦燥感は自覚しているので、じきに実行するでしょう。←グダグダ実行かもしれないが、進む。
その晩、自分の周辺に漂っているかも知れない(何か)に話しかけようかと思ってベッドの脇に缶ビールを置いた
のですが、なーんも反応なし。ま、それも想定済でしたので、次は夢で現われてくれるかもと思い、それでもってライブも参加したし…で、眠りましたら熟睡してました。朝まで記憶ありません。
でも、そうやって楽しんでる自分がまあまあ好きなので、思いがけない出会いはあるな。
とは、思ってます。