本当の自分を生きていない人たちに水瓶座の時代、人は支持をしません

この国のあり方、考え方はこうなのでそれはできませんというのは、それは自分に責任を取らないということです。今、水瓶座の時代です。特定の国のエネルギー、狭さということです。水瓶座の時代、世界家族に向かっているのです。どこの国でも通用する、ユニバーサルな生き方、考え方に移行しているのです。言語ではなく、エネルギーなのです。言語によって自国以外でしか活動ができないなんていう時代ではないのです。

誰もがすり込まれます。社会、親にすり込まれますが、それを感じること、人生での経験を通して浄化し、本当の自分を生きるということが責任を取るということです。思考に依存している人たちほどすり込みを手放すことができず、本当の自分に責任を取ることができないのです。思考に依存している人たち、魂的にも職業的にも大きな成功はできません。

自分に責任を取る、それは感じることなのです。感じれば感じるほど、あなたの真実を知るのです。本当の自分を生きていない人たちに水瓶座の時代、人は支持をしません。嘘のエネルギーは下心、期待、支配が入っているからです。本当の自分のエネルギーはピュアな情熱、喜びです。それに共鳴するのです。水瓶座の時代、より多くの人がもっと敏感になっていくのです。左脳と右脳をブレンドする人たちがもっと増えていきます。特に若者はそういう傾向を持ちます。思考だけに依存している人たち、バランスの欠如を生きているのです。

6月のオレゴンでのイベント、5月18日と19日のスピリットとつながり、対話のワークショップともにあなたはどう感じるかがテーマです。思考に依存し、過去の生き方を続けていきたいならそうしてください。しかし、もう不満を言わないことです。不満を持って生きる、この水瓶座の時代に人はそれを感じ、あらゆるチャンスを受け取れない人生になるだけです。