5月18日と19日のスピリットとのつながりと対話、25日と26日のチャネルのワークショップ、あなたが内容通りに生きていてもいなくてもいいのです。強力なエネルギーを意識に送るのです

5月18日と19日のスピリットとのつながりと対話、25日と26日のチャネルのワークショップ、ともにみなさんの意識に強力なエネルギーとなります。これらのイベントをあなたができている、できていないなどと自分は完ぺきとか、自分を責めるために使わないでください。あなたが思う完ぺき、あなたの思考の判断でしかありません。ワークショップ中、思考を使うことにもつながります。誰も完璧な人なんていません。客観性はできていると思っている方、違います。客観性が完璧にできているのは転生を必要としないスピリットワールドの高層階です。言葉で理解できているのと、それをどんな場面でも生きられるかどうか、別なことです。

私はできているという確認にワークショップを使うと、本当に必要なことをオープンに吸収しません。脳がずっと思考で判断を続け、ワークショップのエネルギーを体全体感じることができずに本当の気づきにならないのです。多くの方、こういうイベントで自分がもうできた、もう来なくていいと確認に使おうとする、バランスの欠如です。そんなのあり得ないだけではなく、平等さを生きていません。上に立ちたいのです。こういう生き方の人、この人生での成長をそこで止めるのです。人生はそんなもんじゃない、私を見てわかるでしょう。スピリットワールドへの移行を希望してもそうなりません。障害のある体でやっていかなくてはならないのです。終わりなんてありません。

この2日間、決意をするということです。より変化、進化していこうという決意です。その決意とその後の行動がミディアム(霊媒)能力、チャネルの能力をより進化させていくのです。

私の行うイベント、数年前とは内容がまた違うのです。スピリットワールドは人間が聞く準備のできている情報を送ってくるのです。夢のワークショップもそうでした。すべての人が今、必要な夢を受け取るのです。思考で考える必要な夢とあなたが本当に必要とする夢は違うのです。思考で必要とする経験とあなたが本当に必要とする経験も同じです。

今、すべての人がどれだけ思考が必要だと思い込んでいるものを楽に手放し、また進んでいけるかどうかが重要なのです。思考が必要だと思うこと、やってみて動かないなら今はノーかもしれないし、永遠にノーかもしれません。そうしたらまた違うことをすればいいのです。証明しようとする生き方を止めるのです。自分にとって適切だからという生き方だけになるのです。誰のためでもない、自分のためだけの人生になるのです。

こうやってバランスを実現し、魂の目的に向かい進化し、さまざまな能力を進化させていくのです。行動して無駄だったと思ったとしても、それはあなたが明確に受け取れなかったというだけで何か、誰かのバランスに役立っているのです。貢献をしているのです。与えたら、受け取るのです。

5月18日と19日のスピリットとのつながりと対話、25日と26日のチャネルのワークショップ、あなたが内容通りに生きていてもいなくてもいいのです。ポイントはオープンにただ感じてください。あなた全体にエネルギーを吸収する、そうすれば必要な時にはっと使っていくのです。