チャネルをすればするほど客観性を持ち、流れに任せていくようになります

チャネルをする、この時代の成功に不可欠です。チャネルは脳の一部をオープンにすることで受け取るものです。ハイアーセルフ、スピリット、宇宙からの情報を受け取るものであり、体全体を使い脳がメッセージに変化するミディアム(霊媒)とは違うのです。チャネルをする情報、主観とはかけ離れたものです。私が個人セッションなどでメッセージをお伝えする際、私個人はなんていうメッセージと思っていても、ただ出て来るのです。私が主観でコントロールするものではないのです。

チャネルのプロセスを強化していくと流れに任せるようになります。主観にコントロールされなくなるのです。人生に起きるすべてはバランスと成長のためという意識に達していくのです。主観によるよい悪いが制限と抑圧になっていることに気づき、思い通りにしようということを手放すのです。すべての人がある程度チャネルはしていますが、それを主観で手直ししたり、疑うことで主観では満足しますが、本来のオリジナルのエネルギーを変えてしまうのです。私の知り合いのミュージシャン、素晴らしいチャネルなのですが、チャネルしたものを主観で手直しをし、エネルギーのないものにしてしまうのです。チャネルを学ぶ最も大きなポイントは客観性と主観でコントロールしないというものです。

考えすぎる方、感情移入をする方つまり客観性を確立するのが難しい方、何でも思い通りにしようとして苦しむ方、チャネルを学ぶと人生はもっと楽になります。25日と26日、インテンシブにチャネルを学びましょう。あなた自身がどのくらいチャネルをしているかに驚くかもしれません。