私たちは宇宙の一部であり、中心ではないのです

人間、地球時間を作り出し、すべてを支配できると思い込みました。時間をコントロールできると思い込んだのです。自然、宇宙さえも思い通りにできると思い込んでいるのです。このすりこみは皆さんの中に根強く生きています。

人を理解させよと言葉をたくさん作って質問をする人、話す人、根底は地球時間にもとづく支配であり、勝ち負けにこだわり、上下関係という意識で平等にシェアしようという意識の欠落です。人間が宇宙の中心だという意識を生きているのです。

何もしないのにこうしたい、ああしたいと言い続けることも同じです。人間、自分が中心だという意識を生きているのです。アプローチもしていないのに誰かが自分を毎日、自分を目にしていたら欲しいと思うだろうとサイキックにXXさんは私をどう思いますかとか、考え続けているだけで○○に行く可能性はありますかとか、バランスと成長のための宇宙の1部であるという意識が欠落しているのです。

あなたがこうしたい、ああしたい、ここに行きたい、スピリットワールドと宇宙のマッチングが起きているのですが、いつまでも行動をしないとあなたとの経験を必要とする人たち、別な人があなたの代わりにやってしまい、やると行動をしたときにもう状況は全く違うのです。

バランスと成長は与え、受け取り合って実現するのです。あなただけが何かを実現する、何かを得るということではないのです。与える、受け取るを寛大に生きれば生きるほど直感的、サイキック的になり行動をしていくのです。明確な理由を知らなくても行動は与える受け取るを生きることだと知るのです。

水瓶座の時代、人間は宇宙のバランスと成長の1部であるということを思い知らされる経験をしていきます。地球は大規模災害を起こすことでカルマへのバランスを実現するのです。人間にとって嫌な経験でももうもたらす時代なのです。

自分だけが明確に得る、思い通りにするという過去の価値観で生きれば生きるほど、そうはならないということを思い知らされる経験を人生に招いていくのです。過去の生き方、考え方を手放し、真逆の生き方、考え方をするのは痛みがともなうかもしれませんが、やらなくてはならないのです。人間としての人生で取り組まないなら、スピリットワールド、未来の転生でどちらにせよバランスと成長に取り組むだけなのです。

4月と5月の東京のイベント、6月のオレゴンでのイベント、6月のウェブカメラによるセッションのお申込み

☆竹本高義の絵

2019年6月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッションのお申込み

2019年6月15日から21日にオレゴンで開催されるウィリアム・レーネンのイベントのお申込み

☆2019年4月と5月のウィリアム・レーネンの東京での対面セッション(1時間)のお申込み

☆2019年4月27日に東京で開催されるウィリアム・レーネンの2時間ライブのお申込み

☆2019年5月5日に東京で開催されるウィリアム・レーネンのドリームパワーで人生をより満足にするワークショップのお申込み

☆2019年5月18日と19日に成田で開催されるウィリアム・レーネンのスピリットとのつながりと対話を創造するワークショップのお申込み

☆2019年5月25日と26日に成田で開催されるウィリアム・レーネンのチャネルパワーを使うワークショップのお申込み

ウィリアム・レーネンのオフィシャルツイッター

ウィリアム・レーネンの変化と喜びを実現するエネルギーカード公式ブログ

ウィリアム・レーネンのウィークリーメッセージへのお申込み

ウィリアム・レーネンについて

サイキックミディアムとして米国で長年、テレビ、ラジオ、教会、企業、大学など、さまざまなメディアや団体において、抜きん出た豊かな才能を発揮し、多くの人にメッセージを伝えてきました。アメリカではドクター・ピーブルズをチャネルする存在として知られてきました。すべての人間がそれぞれの時間、空間、方法によって成長することを何よりも尊重しなくてはならないこと、宇宙の法則と霊的哲学を生きることが今、最も大事であると説いています。
現在、あらゆる概念を、2000年からはじまった水瓶座の時代にアップデートするために、ワークショップ、著作物を通して変化への対応をさまざまなスタイルで発信しています。水瓶座の時代のエネルギーに合致する、人々が幸せを実感する新しいあり方、考え方を提唱しています。よしもとばななさん、みよこ先生、酒井法子さんとの共著を発表しています。これまでに30冊を超える著作物が日本と韓国で発売されています。