5月25日と26日に成田で開催されるウィリアム・レーネンのチャネルパワーを使うワークショップもエキサイティングになるフィーリングが来ます

今回、夢、スピリットをテーマにしたワークショップをしました。2つとも数日前からエキサイティングさを感じました。特にスピリットをテーマにしたもの、新しく、チャレンジングなものになるとわかっていましたが非常にエキサイティングさを感じたのです。参加者の方たちのオープンさ、勇気がスピリットのワークショップをよりエキサイティングなものにするだろうとそう感じたのです。

この2日間に参加された方々、できていなくていいのです。シェアした情報から始めていくのです。この2日間に参加された方々、進んで新しいことにオープンになろうというあり方が全員に非常にポジティブなエネルギーをシェアしたと思います。少しずつ、辛抱強く、使うことで進化していってください。完璧にならなくていいのです。少しずつ気づき、つながる、それが大きな違いを創造していきます。

答えなんてないのです。どれがベストかもありません。自分を知り、自分に適切なものを選択し、生きる、それがあなたの魂に適切なのです。仕事、家庭、人間関係、名声、お金なんて魂の目的ではないのです。人とシェアする、自由を生きる、与え受け取るを生きる、楽しむ、地球を癒す、文化と人種の壁を壊す、そういうものこそ魂の目的なのです。魂の目的をブレンドすればするほど、必要なものは与えられ、守られ生きていくのです。全く違う生き方、考え方をする時代です。答えも形もないのです。すべてがただ流れ続けるのです。止まらない時代なのです。

25日、26日のチャネリングのワークショップにも同じエキサイティングさを感じます。チャネリングはスピリットの2日間よりももっと楽にできるものであり、結果も感じやすいものです。参加者全員の一人一人が大事なのです。私がメインではないのです。全員が平等に大事であり、全員で創造するものです。全員で創造することのすばらしさ、参加しなければ経験できません。みんなが平等でともに取り組む、水瓶座の時代のエネルギーなのです。