ウィリアム・レーネンのスピリットとのつながりと対話を創造するワークショップに参加された方から

2日間ありがとうございました。
 
自分が思っていたよりずっと、自分があらゆることを感じていたことに気づかせてくれました。
 
感性は無視してると鈍っていき、逆に意識を置くことで磨かれるのだと思いました。
 
レーネンが伝えてくださること、レーネンさんの世界は、
この感覚知ってる、この世界知ってる、遠い昔に…のように、感覚が呼び覚まされる、そんな感じさえしました。
 
最初、理解するのに難しいところもありましたが、そして今でも充分に理解しているとは言えない部分はありますが、今後の生き方を変えてくれるほどインパクトのある素晴らしい内容でした。
 
この世に存在するもので、宇宙が作ったもので必要ないものなど何もない、どんなもの、存在、生命であっても、そのままでいる権利を愛する、
 
人間にはわからなくても、すべてのものに目的がある、
 
すへてのものに良い悪いはない、必要だから経験している、
 
望まない結果になったとしても、経験し、楽しめばいい、
 
そして受け取る、与えるを生きる、
 
何度も聞いていましたが、今回はそれらがハートに沁み込むように入ってきました。
 
第3チャクラの光のお話もとても印象に残りました。
 
今後、その光を強く輝かせる生き方をしていきます。
 
あの時間をレーネンさん、あの場にいてくださったすべての方々、訪れてくれたスピリットと共有できたことは何事にも代え難い経験です。
 
ありがとうございました。