ウィリアム・レーネンのスピリットとのつながりと対話を創造するワークショップに参加された方から

ありがとうございました。言葉にならないギフトに包まれ、なかなか感想を伝えられませんでした。ただただ穏やかなどっしりさが続いています。
成田に行きたい、近くにいたい、見たい、触れたい。あれがしたい、これが食べたい、すべてシンプルでした。
カラダが喜ぶ、カラダで感じるのは伝わるのが早いし容易いことでした。
「自分の光を生きることは、いいなと思うことを与えて受けとることです」とても感動しました。
もうデートしたいとか勝つとかどーでもいいわ!いいなと思ったら伝えて笑顔で風のように過ぎ去ろう。そう自然に微笑みが浮かびます。
たくさんの交流のチャンスをありがとうございました。