ウィリアム・レーネンのスピリットとのつながりと対話を創造するワークショップに参加された方から

 
とてもエキサイティングな2日間でした。レーネンさんは、理解しようとしないで。脳で分析しないで。チャクラで感じて。と何度もおっしゃいました。想像を超えたワークショップで、なんだかまるでハリーポッターの世界のボグワーツの学校に通ってる気分でした!(笑)
帰ってから気がついた事がありました。ワークショップの数日前、とても気になったバッグがありました。いったんは買わずに帰ってきたのですが、やはり気になり、次の日買いに行きました。そして1日目にそのバッグを持って行きました。
2日間のワークショップが終わり、そのバッグを何となく眺めてて「あっ!」と思いました。円の渦巻き状のカゴバッグでした。これはシンボルだったんだ!と気が付きました。ワークショップに持って行った時は、荷物を詰め過ぎてバッグの形がボコボコに変わってて気が付かなかったんです(笑)
そしてもう1つ。この2日間、雲がとても気になってました。成田に向かう途中の雲がとても綺麗で神々しくて、電車の中でずーっと眺めてたし、ホテルの庭でも雲が気になってました。そして2日目のスピリットティーチャーの名前を知る方法の時に、参加者さんのデモンストレーションを見守っていて「!」となりました!ちょっとビックリしました。
シンボルってこういう事なんだ!と思う出来事でした。他にもそのような出来事がいくつかありました。
脳で分析しないで待つんですね。答えが向こうからやってくるんですね。そして自分中心とは限らない。レーネンさんのおっしゃってた事を体感しました。
今回、初めてワークショップに参加しましたが、受けようと決断して本当に良かった!です。レーネンさん、スタッフの皆さん、参加者の皆さん、ありがとうございました。