ウィリアム・レーネンのチャネルパワーを使うワークショップに参加された方から

参加する事が叶い、感謝しております。
皆さま本当にありがとうございました。
私は普段、個人的な関心事や問題に対処する際に
分析し、答えや安心感を外に求めがちでした。
自分を尊び愛するというプロセスがないため、
努力しても満たされず、自信を持って生きる人々に
憧れるばかりでした。
チャネルパワーを使うワークショップが進むにつれ
ちょっとした例え話に用いられたフレーズ、
また参加者の方への個人的な提案においても
自分の事のように感じ、深いシェアを体感しました。
体感は、次の行動につながりますね。
ありがとうございます!