Q: 毎日、怖い夢を見ていたが思い切って仕事を辞めたら、ネガティブな夢を見なくなりました。ゾンビに追いかけられたり、急な坂道を車で登らなくてはならないなどの夢です

A: ネガティブではなく、変化を起こすときだよということであり、ゾンビに追いかけられたからネガティブじゃないのです。変化を起こしなさいというメッセージだし、急な坂道を登るのはネガティブじゃないし、辞めたら見なくなったというのは、あなたが十分にメッセージは受け取ったということです。

夢はあなたへの役割を終えたということです。ゾンビが追いかけた、つまりあなたが仕事を続けていること、あなたが自分を傷つけているよということです。ここから出ていきなさいということです。怖い夢を見せない限り、今の状況からあなたが去らないからです。

思考で考えるとゾンビは攻撃する、殺すと思うかもしれません。論理的な思考、非常にくだらないことになるだけです。暗闇、ポジティブな光を攻撃できません。悪夢を見たら、何かを変えなさいということだなとポジティブにとらえてください。悪夢を見た、何か悪いことを予言しているわけではなく、変えなさいということです。

しかし、変える、ただ場所を変えている人たちはたくさんいます。同じ業界の違う会社に変える、同じようなエネルギーがあるだけです。変えてないのです。今までやってきたことを違うところでやる、夢の本当のメッセージを受け取るということなのです。

若いみなさん、誰かがを何とかしてくれてではなく、自分で直面し、何とかしていかなくちゃいけないときが必ずやってきます。今年の夏、非常に大きな台風が来ます。何かそういう災害が来たとき、近隣住民と手を携えて乗り越えなくてはならない時を台風だけではなく、いろんな災害を通して経験するのです。そういう時代が今なのです。

周囲に住んでいる人たちをちゃんと知っておく、大切です。救助されるときに周囲の人たちとを知っておくこと大切です。先住民の過去世を持つ人たち、魂にそのときの歴史を持ち、生き残っていけます。災害が起き、どうしていいかわからないなら野生動物の後をついていけば食べ物、飲み物にたどり着く、そういう直感、使えるのです。地球には必要なものすべてがあります。食べ物、ハーブ、何でもあるのです。

7月のウェブカメラによるセッションのお申込みと2019年10月と11月のイベントのお申し込み

☆7月のウェブカメラによるセッションのお申込み

☆竹本高義の絵

ウィリアム・レーネンのメッセージ付きあなたのシンバラのお申込み

オーストラリア先住民アーティスト、ダニエル・マクドナルド の作品

2019年7月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッションのお申込み

☆11月28日から12月5日にカウアイ島で開催されるウィリアム・レーネンのイベントのお申し込み

ウィリアム・レーネンのメッセージ付きあなたのシンバラのお申込み

ウィリアム・レーネンのオフィシャルツイッター

ウィリアム・レーネンの変化と喜びを実現するエネルギーカード公式ブログ

ウィリアム・レーネンのウィークリーメッセージへのお申込み

2019年10月と11月のウィリアム・レーネンのイベントのお申し込み

☆2019年10月14日に東京で開催されるウィリアム・レーネンの2時間ライブのお申込み

☆2019年10月と11月の東京でのウィリアム・レーネンの対面個人セッションのお申込み

2019年11月17日に東京で開催されるウィリアム・レーネンの本当のあなたを知れば期待、思考をせずにもっと喜びと冒険心を持って生きられるワークショップのお申込み

☆2019年11月2日、3日、4日に成田で開催されるウィリアム・レーネンのスーパーナチュラルパワーの進化ワークショップのお申込み

☆2019年11月23日と24日に成田で開催されるウィリアム・レーネンのヒーリング能力を開花させるワークショップのお申込み

ウィリアム・レーネンについて

サイキックミディアムとして米国で長年、テレビ、ラジオ、教会、企業、大学など、さまざまなメディアや団体において、抜きん出た豊かな才能を発揮し、多くの人にメッセージを伝えてきました。アメリカではドクター・ピーブルズをチャネルする存在として知られてきました。すべての人間がそれぞれの時間、空間、方法によって成長することを何よりも尊重しなくてはならないこと、宇宙の法則と霊的哲学を生きることが今、最も大事であると説いています。
現在、あらゆる概念を、2000年からはじまった水瓶座の時代にアップデートするために、ワークショップ、著作物を通して変化への対応をさまざまなスタイルで発信しています。水瓶座の時代のエネルギーに合致する、人々が幸せを実感する新しいあり方、考え方を提唱しています。よしもとばななさん、みよこ先生、酒井法子さんとの共著を発表しています。これまでに30冊を超える著作物が日本と韓国で発売されています。