新しく、強烈なエネルギー

 
新しく、強烈なエネルギーが地球に今、来ており、このエネルギーは地球上のすべての人に影響を与えているのです。動物、植物、地球環境、すべてが影響を受けるのです。地球環境にいるすべての種、このエネルギーに適応しやすいのです。なぜならば、よい悪い、正しい間違いなんて判断がないのです。この新しく、強烈なエネルギー、直面すべきさまざまな問題を浮上させ、個人的、魂的な成長を刺激します。それに進んで取り組んでいこうという人たちもいます。成長の準備ができている人でこの新しいエネルギーに気づいていない人たちもいますが、新しい方向性に向かおう、向かっていこうという決意があります。自分に対して正直になれるかどうか、それが最大の鍵なのです。あなたの魂の求める経験とあなたがすり込まれた、あなたが求めたいものには違いがあることをちゃんと認識できるかどうか、それも重要なポイントです。過去、脳で感じることを教え込まれ、体全体で感じることが無視されてきました。体全体、五感を使い、すべての意見、あり方、生き方を尊重しようとする人たちは成長するでしょう。人間の体は楽器と同じであり、五感を使っているのです。体はどう反応しているか、それを知ること、この新しく強烈なエネルギーの中で自分の真実を感じ、適切に感じることに行動できるかどうか、非常に重要になっているのです。
 
テレパシーの第8チャクラと五感によって、この新しいエネルギーを筋肉、腺、臓器で感じ、言葉のない形でメッセージが伝えられているのです。体全体でどう感じるかによって、不適切な決断、病気、支配、怒り、恐怖を避けることができるのです。
 
多くの人、論理的思考にしがみつき、体または脳の病気になり、予期しない怒り、暴力、恐怖を経験することになるのです。世界中の人たち、責任から逃げ、暴力、怒りを表現し、自分と信じることがただ違うと人、状況を裁くのです。
 
自分を知る、すべてのスタートポイントはそこなのです。あなたを知ることなのです。すり込まれた思考と魂がこの人生に望むことの違いに気づかなくてはならないのです。客観的にあなたに本当のあなたを伝えられる人を発見し、あなたが本当に信じることと本当に達成できることを明確に伝えてもらう必要があるのです。この客観的な人、相手が気づいていない傾向と考えを指摘してあげる必要があるのです。(続く)
 

8月のウェブカメラによるセッションのお申込みと2019年10月と11月のイベントのお申し込み

☆8月のウェブカメラによるセッションのお申込み

ウィリアム・レーネンのメッセージ付きあなたのシンバラのお申込み

オーストラリア先住民アーティスト、ダニエル・マクドナルド の作品

☆11月28日から12月5日にカウアイ島で開催されるウィリアム・レーネンのイベントのお申し込み

ウィリアム・レーネンのメッセージ付きあなたのシンバラのお申込み

ウィリアム・レーネンのオフィシャルツイッター

ウィリアム・レーネンの変化と喜びを実現するエネルギーカード公式ブログ

ウィリアム・レーネンのウィークリーメッセージへのお申込み

2019年10月と11月のウィリアム・レーネンのイベントのお申し込み

☆2019年10月14日に東京で開催されるウィリアム・レーネンの2時間ライブのお申込み

☆2019年10月と11月の東京でのウィリアム・レーネンの対面個人セッションのお申込み

2019年11月17日に東京で開催されるウィリアム・レーネンの本当のあなたを知れば期待、思考をせずにもっと喜びと冒険心を持って生きられるワークショップのお申込み

☆2019年11月2日、3日、4日に成田で開催されるウィリアム・レーネンのスーパーナチュラルパワーの進化ワークショップのお申込み

☆2019年11月23日と24日に成田で開催されるウィリアム・レーネンのヒーリング能力を開花させるワークショップのお申込み

ウィリアム・レーネンについて

サイキックミディアムとして米国で長年、テレビ、ラジオ、教会、企業、大学など、さまざまなメディアや団体において、抜きん出た豊かな才能を発揮し、多くの人にメッセージを伝えてきました。アメリカではドクター・ピーブルズをチャネルする存在として知られてきました。すべての人間がそれぞれの時間、空間、方法によって成長することを何よりも尊重しなくてはならないこと、宇宙の法則と霊的哲学を生きることが今、最も大事であると説いています。
現在、あらゆる概念を、2000年からはじまった水瓶座の時代にアップデートするために、ワークショップ、著作物を通して変化への対応をさまざまなスタイルで発信しています。水瓶座の時代のエネルギーに合致する、人々が幸せを実感する新しいあり方、考え方を提唱しています。よしもとばななさん、みよこ先生、酒井法子さんとの共著を発表しています。これまでに30冊を超える著作物が日本と韓国で発売されています。