23日と24日のワークショップ、非常に重要であり、受け取る与える、平等なシェアを生きることで拡大の水瓶座の時代を生きることにもなるのです。自分だけにフォーカスし、苦しむ生き方からのシフトになるのです

多くの方、これにお金を払って効果があるだろうかと一生懸命にイベントに参加するかどうかを考えていますが、本当に成長、拡大を望むのであれば数日間のイベントへの参加をおすすめします。情報を読んだり、個人的に言われたメッセージをベースに実践しようとしても多くの場合、自身の解釈、つまり論理で実践しようとします。それは狭く、制限でしかないことが多いのです。

例えば、サイキック、チャネルという言葉の定義、非常に狭いものにしています。サイキック、チャネル、自然なエネルギーの流れであり、あらゆる生命、次元とつながる、交流することなのです。サイキック、チャネルと言うと、それは誰かにメッセージを渡す、予言をすることだと思っているでしょうが、サイキック、チャネルは皆さんが日常で使っています。もうこの仕事は嫌だと感じる、ハイアーセルフ、スピリットからのチャネルなのです。みなさん、それを思考で書き換え、思考にコントロールされているのでサイキック、チャネルの能力を進化させられないのです。思考に邪魔をされなければいろんな次元とつながり、間違っている、正しいと判断せずにつながり、エネルギーとメッセージを表現できます。しかし、ここに至るためには、これまでの偏見、よい悪いというジャッジ、あらゆるものを生き方を通してバランスを実現し、よいも悪いもないという意識に到達しなければならないのです。そうでなければ、感じること、受け取る情報を信頼しないのです。人生に経験が必要なのは、すべてによい悪いはないという大きな意識に到達するためというのもあります。

先日の1日の本当のあなたを知れば期待、思考をせずにもっと喜びと冒険心を持って生きられるワークショップ、初めての方もたくさんいらっしゃったと思いますし、本当の自分を知る、魂の意図を知るということは特定の何かをすること、特定の仕事をすること、特定の誰かに出会う、場所に行くことを見つけることという狭い定義でとらえていたためにクエスチョンのエネルギーがとても多く、いろんな次元を行き来し、話している私はそれに圧倒されました。

23日、24日にヒーリングのワークショップをしますが、ヒーリングの定義、それは本当の自分を生きるということでもあるのです。魂の意図を生きることでもあるのです。ヒーリングは誰かの問題を取り去ったり、治すことではないのです。魂の意図を生きれば生きるほどヒーリング的生き方をするのです。ヒーリングの定義の変えていかなければなりません。エネルギーヒーリング、ヒーリング的生き方、ソウルヒーリング、客観性、魂の意図を生きる、あらゆる分野がテーマなのです。本当の自分を生き、あらゆる生命と自分を分かち合う、ヒーリングのエネルギーを生きているのです。この2日間のワークショップ、非常に重要であり、受け取る与える、平等なシェアを生きることで拡大の水瓶座の時代を生きることにもなるのです。自分だけにフォーカスし、苦しむ生き方からのシフトになるのです。

こういうワークショップ、過去の定義をもっと大きく拡大し、意識の拡大に貢献するのです。あらゆる霊的能力を発揮できる、満足と喜びの人生があるのです。ただ生きたという人生と満足と喜びのある人生、それぞれの選択です。