ウィリアム・レーネンの本当のあなたを知れば期待、思考をせずにもっと喜びと冒険心を持って生きられるワークショップに参加された方から

レーネンさんの過去のWSでいろいろ教わったので、ひとりでやっていました。しかし、ひとりでは気付けないこともあると感じ、2年ぶりにWSに参加しました。
オーラエクササイズは毎日やっていましたが、これでいいのかと思っていたところでした。やはり、ちゃんと感じながら行うことが大事なのですね。
現在、認知症の家族を介護しています。義務ではなく、自分が今、介護することが適切であると感じるのなら周りの声を気にしなくていい、という言葉に勇気づけられました。
部屋を心地よく整えることも大事であること。部屋に花を飾ることで生まれた安心感が世界に広がっていくように、自分のごく身近な空間の有り様が周囲や世界に伝わることがわかったので、再度部屋の片付けに取り組みます。
思えばこの2年間、辞めた会社の資料やスピリチュアル本の大半を捨てました。そして、仕事をしていた時にはできなかった絵を描くことを20年ぶりに再開し、先月、地元の文化祭に初めて出品してみました。興味があることに行動することがいかに大切か、わかりました。
WSでは、他の方がいることによって気付くことがありました。なにより、レーネンさんからの大きな励ましを受け取ったと思います。レーネンさんがお元気でよかった。そして、レーネンさんがパワフルになったということもよくわかりました!笑顔の伊藤さん、通訳ありがとうございます。参加してよかったです。
ありがとうございました。