明るい色を身に着けるということは私を見てください、私を見てかまいませんという宣言

他の人と同じようになろうとは思わないことです。髪型、洋服、色、自分がひかれるものにすることです。いろんな色を着ることがとても大事です。日本では色を身に着けることがありません。人と同じような色を身に着けたり、多くの人の中に紛れ込むために暗い色を身に着けていると、そこにブレンドされてしまってあなたの存在が隠れてしまいます。
 
明るい色を身に着けるということは、私を見てください、私を見てかまいませんという宣言になり、自信の確立に重要なポイントです。自信があり、見てくださいというあり方は人にエネルギーを与えます。見られて、なんだこのやろうっていうのではなく、にこっと微笑むこと、それがエネルギーを与えることとなり、そしてそういう人たちはさまざまなものを受け取り、成功していきます。なぜならば、自然と宇宙の法則を生きるからです。与える、受け取ることを実践するからです。そうすればするほど、その人たちは受け取り、それが自信の確立へとつながるのです。
 
毎朝、自分を鏡で見て、「おはよう、私の親友、あなたを愛しています」と言ってください。あなたが自分を愛していなければ、人に愛されないのです。人ににこっと微笑むことができないなら、人から微笑みを受けられないのです。多くの人が誰かとすれ違うと頭を下げ、目をそらします。癖になっています。それも変えることです。誰かに見られたら、頭を上げ、相手の目を見て微笑むことです。
 

☆2020年1月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッションのお申込み

☆ウィリアム・レーネンのメッセージ付きあなたのシンバラのお申込み

ウィリアム・レーネンのオフィシャルツイッター

ウィリアム・レーネンの変化と喜びを実現するエネルギーカード公式ブログ

ウィリアム・レーネンのウィークリーメッセージへのお申込み

ウィリアム・レーネンについて

サイキックミディアムとして米国で長年、テレビ、ラジオ、教会、企業、大学など、さまざまなメディアや団体において、抜きん出た豊かな才能を発揮し、多くの人にメッセージを伝えてきました。アメリカではドクター・ピーブルズをチャネルする存在として知られてきました。すべての人間がそれぞれの時間、空間、方法によって成長することを何よりも尊重しなくてはならないこと、宇宙の法則と霊的哲学を生きることが今、最も大事であると説いています。
現在、あらゆる概念を、2000年からはじまった水瓶座の時代にアップデートするために、ワークショップ、著作物を通して変化への対応をさまざまなスタイルで発信しています。水瓶座の時代のエネルギーに合致する、人々が幸せを実感する新しいあり方、考え方を提唱しています。よしもとばななさん、みよこ先生、酒井法子さんとの共著を発表しています。これまでに30冊を超える著作物が日本と韓国で発売されています。