学校に行かないと決める子供、大人として生きる選択をするということです

学校に行かないと決める子供、大人として生きる選択をするということです。大人として生きる選択をするなら、家に貢献させることです。家事をする、働く、外で経験から学ぶ、大人として生きていかなければならないのです。いつまでも子供を守り、子供に振り回されないことです。既存の教育制度、もう機能しないと多くの人がわかっていますが、新しいものを創造したり、取り入れることに躊躇しているのです。既存の教育ではなく経験から学ぶ子供たちもたくさんいますが、学校に行くことを拒否するなら、大人として生きる選択をしたということです。大人として扱うことです。

☆2020年1月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッションのお申込み

☆ウィリアム・レーネンのメッセージ付きあなたのシンバラのお申込み

ウィリアム・レーネンのオフィシャルツイッター

ウィリアム・レーネンの変化と喜びを実現するエネルギーカード公式ブログ

ウィリアム・レーネンのウィークリーメッセージへのお申込み

ウィリアム・レーネンについて

サイキックミディアムとして米国で長年、テレビ、ラジオ、教会、企業、大学など、さまざまなメディアや団体において、抜きん出た豊かな才能を発揮し、多くの人にメッセージを伝えてきました。アメリカではドクター・ピーブルズをチャネルする存在として知られてきました。すべての人間がそれぞれの時間、空間、方法によって成長することを何よりも尊重しなくてはならないこと、宇宙の法則と霊的哲学を生きることが今、最も大事であると説いています。
現在、あらゆる概念を、2000年からはじまった水瓶座の時代にアップデートするために、ワークショップ、著作物を通して変化への対応をさまざまなスタイルで発信しています。水瓶座の時代のエネルギーに合致する、人々が幸せを実感する新しいあり方、考え方を提唱しています。よしもとばななさん、みよこ先生、酒井法子さんとの共著を発表しています。これまでに30冊を超える著作物が日本と韓国で発売されています。