自然災害があると人間が腕を肩にまわし、助け合う思いやりを人生でもっと目撃することになります

それぞれの人間が自身の現実の創造者であり、集合的に一緒に取り組んでいるのです。人間はまだ全員での決断をしていませんが、エネルギーの流れを見ると政府、社会、文化がもっともっと歩み寄り、愛のエッセンスを実践するために地球はもっと自然災害を経験します。必ずしもそうなる必要はないのですし、そうなると言っているわけではありませんが、もし、歩み寄り、愛のエッセンスの実践がなければそうなる可能性は大きいです。人間が罰せられるとか、間違ったことをしているというわけではなく、自然災害、地震、トルネード、津波、ハリケーン、火山の爆発、隕石の衝突などは人間が歩み寄るもっとも手早い方法なのです。

津波、地震、自然災害などがあれば、人間は人種、性別、経済状況などで人を判断するのを止めます。それぞれの人の中にある心は同じものを求めているのです。それは、愛です。肺は同じ空気を必要とし、同じ呼吸を誰もがしています。人種、性別、性的志向、経済に関係なく、人間に違いはなく、同じなのです。親は子どもを愛し、恋愛をし、失恋をし、つま先をぶつければ痛いのです。ですから、自然災害のようなあなたの外部で起きている何か、それが大きく衝撃的であれば、人間は集合的に一つのエッセンス、1つのエネルギーになるのです。自然災害があると人間が腕を肩にまわし、助け合う思いやりを人生でもっと目撃することになります。

寛大さ、思いやり、愛の力が発揮されますが、最も特別なことは、思いやり、愛にもとづく行動がニュース、新聞などを通して伝えられることです。思いやりの行動はいつも起きているのですが、そういうことを耳にすることはなかなかないのです。もちろん、現在のテクノロジの進化によって、お互いがもっとコミュニケーションをする機会に恵まれ、そういうことを聞く機会も増えているとは思います。自然災害が美しいものだなどとスピリットたちも思ってはいませんが、そこに絶対的な完全が存在しています。なぜならば、多くの人間が一緒に取り組むからです。そういうケースではない場合、恐怖や思考によって、「大変。この人に同情するけれども、分けてあげられるお金はあるでしょうか?」と考えに走ってしまいますが、震え、転がる地震、火山爆発、浸水状態では、そんな思考に走らないのです。手を伸ばし、つかみ、引っ張って岸辺へ運び、救助する力があるかなどと考えないのです。これが人間の愛なのです。

☆2020年1月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッションのお申込み

☆2020年4月18日に東京で開催されるウィリアム・レーネンの2時間ライブのお申込み

☆2020年4月29日に東京で開催される幽霊、ダークスピリット、地縛霊への恐怖を克服し、亡くなった人たちを含む存在を光と成長に向かわせるヒーリングのワークショップのお申込み

☆2020年5月2日、3日、4日に開催される五感をインテンシブに使い、スピリットワールドを訪問するワークショップのお申込み

☆2020年5月16日に東京で開催される過去を手放す、浄化するワークショップのお申込み

☆2020年5月23日と24日に開催されるサイコメトリーのワークショップのお申込み

☆2020年4月と5月の東京での個人セッションのお申込み

☆ウィリアム・レーネンのメッセージ付きあなたのシンバラのお申込み

ウィリアム・レーネンのオフィシャルツイッター

ウィリアム・レーネンの変化と喜びを実現するエネルギーカード公式ブログ

ウィリアム・レーネンのウィークリーメッセージへのお申込み

ウィリアム・レーネンについて

サイキックミディアムとして米国で長年、テレビ、ラジオ、教会、企業、大学など、さまざまなメディアや団体において、抜きん出た豊かな才能を発揮し、多くの人にメッセージを伝えてきました。アメリカではドクター・ピーブルズをチャネルする存在として知られてきました。すべての人間がそれぞれの時間、空間、方法によって成長することを何よりも尊重しなくてはならないこと、宇宙の法則と霊的哲学を生きることが今、最も大事であると説いています。
現在、あらゆる概念を、2000年からはじまった水瓶座の時代にアップデートするために、ワークショップ、著作物を通して変化への対応をさまざまなスタイルで発信しています。水瓶座の時代のエネルギーに合致する、人々が幸せを実感する新しいあり方、考え方を提唱しています。よしもとばななさん、みよこ先生、酒井法子さんとの共著を発表しています。これまでに30冊を超える著作物が日本と韓国で発売されています。