多くの親、親になるべきじゃない人たちばかりです

☆2020年6月20日(アメリカ時間)から6月26日(アメリカ時間)にワシントン州タコマで開催されるウィリアム・レーネンのイベントのお申込みが始まりました。

学校に行くことを強制されるべきではない子供たちもいます。学校に行かない、じゃあ何もしなくていいというのではなく、こうするな、ああするなと言わないで放任しろと言っているのでもありません。自由に子供のしたいようにやらせればあなたが期待するいい子になるわけでもありません。学校に行かない、つまり大人として生きる選択をするのなら、家庭内、社会に貢献するか、外で経験をしていく生き方をしなければならないということです。刑務所に行く経験が必要な子供はそうさせるべきだと言っているのです。ネガティブだと私が思っても、あなたが思っても、バランスとしてそういうことをする子供たちもいるのです。必要な経験はせざるを得ないのです。

子供はこの人生で必要な経験をするために親を選択するのです。親は子供の体を作るだけです。子供のうちは守ってあげる、世話をしてあげることは大事ですが、経験をさせるしかありません。刑務所に行くことがあっても子供にはそうする権利があり、それを愛してあげるしかないのです。

親であるのは楽ではないし、多くの親、まずは親になるべきじゃない人たちばかりです。親になることでカルマを創造しています。子供を自分の期待通りにしよう、こうあるべきと押し付けている時点でカルマを創造しているのです。バランスの欠如をすでに創造しているのです。

いつまでも子供を自分、社会の期待通りにならない、どうすればいいかと私にたずねる人たち、自分に責任を取ることを避けているのです。世界のバランスを創造することに取り組まない言い訳に自分以外の人たちを使わないことです。あなたの人生を生きる、あなたの人生に責任を取ることです。

☆2020年1月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッションのお申込み

☆2020年4月18日に東京で開催されるウィリアム・レーネンの2時間ライブのお申込み

☆2020年4月29日に東京で開催される幽霊、ダークスピリット、地縛霊への恐怖を克服し、亡くなった人たちを含む存在を光と成長に向かわせるヒーリングのワークショップのお申込み

☆2020年5月2日、3日、4日に開催される五感をインテンシブに使い、スピリットワールドを訪問するワークショップのお申込み

☆2020年5月16日に東京で開催される過去を手放す、浄化するワークショップのお申込み

☆2020年5月23日と24日に開催されるサイコメトリーのワークショップのお申込み

☆2020年4月と5月の東京での個人セッションのお申込み

☆ウィリアム・レーネンのメッセージ付きあなたのシンバラのお申込み

ウィリアム・レーネンのオフィシャルツイッター

ウィリアム・レーネンの変化と喜びを実現するエネルギーカード公式ブログ

ウィリアム・レーネンのウィークリーメッセージへのお申込み

ウィリアム・レーネンについて

サイキックミディアムとして米国で長年、テレビ、ラジオ、教会、企業、大学など、さまざまなメディアや団体において、抜きん出た豊かな才能を発揮し、多くの人にメッセージを伝えてきました。アメリカではドクター・ピーブルズをチャネルする存在として知られてきました。すべての人間がそれぞれの時間、空間、方法によって成長することを何よりも尊重しなくてはならないこと、宇宙の法則と霊的哲学を生きることが今、最も大事であると説いています。
現在、あらゆる概念を、2000年からはじまった水瓶座の時代にアップデートするために、ワークショップ、著作物を通して変化への対応をさまざまなスタイルで発信しています。水瓶座の時代のエネルギーに合致する、人々が幸せを実感する新しいあり方、考え方を提唱しています。よしもとばななさん、みよこ先生、酒井法子さんとの共著を発表しています。これまでに30冊を超える著作物が日本と韓国で発売されています。