Q: 去年、娘と別れ、娘は父親と父親の母親の二カ所を移動していましたが、どちらからも愛情を感じないと言い、新しい選択をするときだと感じるのですが、どう思いますか?

A: 新しい選択をするときです。

あなたの娘さん、非常に敏感で優しい子供であり、この2人が感じていることを感じるのです。口で言っていることではなく、本当には思っていることを感じるために混乱します。

今、娘さんは霊的な家族と今度は住む準備ができています。このおばあさんには哲学的生き方がありません。伝統的な過去をただ生きています。厳しく、それを娘さんに押し付けています。父親が外に向けて言っていること、中で思っていることが違います。中には怒りにあふれています。娘さんは、それをわかっているのです。表面上で見せているものと中が違うことに気づいているのです。

大切なこと、違う環境を与えてあげることです。そうすると、安全を感じるでしょう。この2か所で安全を感じないということがポイントなのです。愛情を感じないのが問題ではなく、安全に感じないのです。娘さんは、父親を信頼していませんし、私も娘さんが感じていることは正しいと思います。ご家族にたくさんお金はありますか?私は、お金がたくさんあるならスイスの学校に行ったらどうかと思いましたが、娘さんは日本の文化に合いません。魂レベルでは日本は合わない人なのです。非常にクリエイティブであり、この2か所にいると、そういう元来持っている才能を使ったらという励ましを受け取れません。誉め言葉もありません。

スウェーデンなんかもいいですね。いろんな文化、言葉が好きな人なはずです。音も好きですね。芸能界に行くというものあります。クリエイティブな業界です。必ずしも演技、歌うというわけではなく、芸能界のクリエイティブなサイドもよいでしょう。あなたは考えすぎるので考えないでください。娘さんにはより早く変化を与えてください。この環境を変えてください。娘さんと話し、本当は何が欲しいかを話し合ってください。何に興味があるか、何が好きかをたずねてください。父親と祖母はそういうことをたずねていないのです。いい娘さんです。8月生まれが強い人なので芸能のクリエイティブサイドが非常にいいと思います。人生に娘にチャンスをつかんでほしいなら、早く変えることです。2人でスウェーデンに行ってもいいし、あなたたちは愛されると思います。2人がスウェーデンに行く、娘さんにあなたを信頼しているということを示すことになります。今の環境で娘さんは信頼されていないと感じています。母と娘ではなく、2人の女性がともにシェアするという形になります。

☆2020年6月20日(アメリカ時間)から6月26日(アメリカ時間)にワシントン州タコマで開催されるウィリアム・レーネンのイベントのお申込み

☆2020年1月と2月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッションのお申込み

☆2020年4月18日に東京で開催されるウィリアム・レーネンの2時間ライブのお申込み

☆2020年4月29日に東京で開催される幽霊、ダークスピリット、地縛霊への恐怖を克服し、亡くなった人たちを含む存在を光と成長に向かわせるヒーリングのワークショップのお申込み

☆2020年5月2日、3日、4日に開催される五感をインテンシブに使い、スピリットワールドを訪問するワークショップのお申込み

☆2020年5月16日に東京で開催される過去を手放す、浄化するワークショップのお申込み

☆2020年5月23日と24日に開催されるサイコメトリーのワークショップのお申込み

☆2020年4月と5月の東京での個人セッションのお申込み

☆ウィリアム・レーネンのメッセージ付きあなたのシンバラのお申込み

ウィリアム・レーネンのオフィシャルツイッター

ウィリアム・レーネンの変化と喜びを実現するエネルギーカード公式ブログ

ウィリアム・レーネンのウィークリーメッセージへのお申込み

ウィリアム・レーネンについて

サイキックミディアムとして米国で長年、テレビ、ラジオ、教会、企業、大学など、さまざまなメディアや団体において、抜きん出た豊かな才能を発揮し、多くの人にメッセージを伝えてきました。アメリカではドクター・ピーブルズをチャネルする存在として知られてきました。すべての人間がそれぞれの時間、空間、方法によって成長することを何よりも尊重しなくてはならないこと、宇宙の法則と霊的哲学を生きることが今、最も大事であると説いています。
現在、あらゆる概念を、2000年からはじまった水瓶座の時代にアップデートするために、ワークショップ、著作物を通して変化への対応をさまざまなスタイルで発信しています。水瓶座の時代のエネルギーに合致する、人々が幸せを実感する新しいあり方、考え方を提唱しています。よしもとばななさん、みよこ先生、酒井法子さんとの共著を発表しています。これまでに30冊を超える著作物が日本と韓国で発売されています。