魂の光を宇宙の光とブレンドしてオーラに入れるエクササイズをする、第一チャクラから第七チャクラまでが統合され、自分の才能にもっと気づきます

魂の光を宇宙の光とブレンドしてオーラに入れるエクササイズをすると自分を愛する、リスペクトするメッセージと後押しを魂から受け取ります。

魂の光との関係、多くの人が否定している2つのチャクラに大きな刺激を与えます。第一チャクラと第七チャクラです。重要なこと、自分の体全体との新しい関係が創造されます。なぜ、第一チャクラを否定しているかというと、センシュアリティとセクシャリティを混同しているからです。第一チャクラ、そこは生命力です。センシュアリティとセクシャリティを混同しないでください。みぞおちの魂の光を両手で感じれば感じるほど、第一チャクラが刺激を受けますが、性的なものではないのです。

第七チャクラを否定している、頭頂部を閉じているのは魂の意図を生きたくないからです。第一チャクラから第七チャクラまでが統合されればされるほど、自分の才能にもっと気づきます。ある女性、私にどんな才能があるかとたずねたので「歌うこと」だと答えました。そうすると、「私は歌うのは好きじゃありません」と答えました。「歌えない」とも言いました。

私は、「プロの歌手になる」と言っているのではないのです。「才能は何か?」とたずねられたので「歌を歌う」と答えたのです。歌を歌う、ストーリーを語る、子供にストーリーを語ることかもしれません。みなさん、こうやって抑圧し、否定してきたものに目覚めていくのです。こういうエクササイズをすると、目覚め、行動していくのです。

アートの才能がある、絵を描く、洋服のデザインをする必要はないのです。ナチュラルなアートの才能、バイオリンを弾くことかもしれないし、書くこと、ストーリーを語ることかもしれない、籠を編むことかもしれないし、いろいろやってみることなのです。みなさんは、あまりにも特定の何かがすぐわかるとすり込まれすぎなのです。ナチュラルなアートの才能、幅広いものであり、経験から知り、開花させていくのです。粘土をいじることでもあり、アートは絵だけではないのです。会計士にとってのアート、数をぱっと見て合計はこれね、それもアートです。

脳はそうやって抑圧的、偏狭的定義をし、特定の答えは何かを知ろうとし、あなたを苦しませているのです。サイキックは予言であり、この人は、この状況はこうなる、ああなるという脳の定義も違うのです。自らの自然なエネルギーを感じ生きる、それがサイキック、直感なのです。自分にとっての自然なエネルギーを知り、生きる、本能、直感、サイキック、チャネル、ヒーリングなのです。自然なエネルギーは動き、スピリットの世界、宇宙とつながり受け取っているのです。

5月2日、3日、4日、五感をインテンシブに刺激します。つまり、フィーリングに気づくことになり、チャクラの統合が始まるのです。脳の抑圧的、偏狭的定義からもたらされる苦しみから自由になるのです。魂の光を宇宙の光とブレンドしてオーラに入れるエクササイズもします。

☆2020年2月と3月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッションのお申込み

☆2020年6月20日(アメリカ時間)から6月26日(アメリカ時間)にワシントン州タコマで開催されるウィリアム・レーネンのイベントのお申込み

☆2020年4月18日に東京で開催されるウィリアム・レーネンの2時間ライブのお申込み

☆2020年4月29日に東京で開催される幽霊、ダークスピリット、地縛霊への恐怖を克服し、亡くなった人たちを含む存在を光と成長に向かわせるヒーリングのワークショップのお申込み

☆2020年5月2日、3日、4日に開催される五感をインテンシブに使い、スピリットワールドを訪問するワークショップのお申込み

☆2020年5月16日に東京で開催される過去を手放す、浄化するワークショップのお申込み

☆2020年5月23日と24日に開催されるサイコメトリーのワークショップのお申込み

☆2020年4月と5月の東京での個人セッションのお申込み

☆ウィリアム・レーネンのメッセージ付きあなたのシンバラのお申込み

ウィリアム・レーネンのオフィシャルツイッター

ウィリアム・レーネンの変化と喜びを実現するエネルギーカード公式ブログ

ウィリアム・レーネンのウィークリーメッセージへのお申込み

ウィリアム・レーネンについて

サイキックミディアムとして米国で長年、テレビ、ラジオ、教会、企業、大学など、さまざまなメディアや団体において、抜きん出た豊かな才能を発揮し、多くの人にメッセージを伝えてきました。アメリカではドクター・ピーブルズをチャネルする存在として知られてきました。すべての人間がそれぞれの時間、空間、方法によって成長することを何よりも尊重しなくてはならないこと、宇宙の法則と霊的哲学を生きることが今、最も大事であると説いています。
現在、あらゆる概念を、2000年からはじまった水瓶座の時代にアップデートするために、ワークショップ、著作物を通して変化への対応をさまざまなスタイルで発信しています。水瓶座の時代のエネルギーに合致する、人々が幸せを実感する新しいあり方、考え方を提唱しています。よしもとばななさん、みよこ先生、酒井法子さんとの共著を発表しています。これまでに30冊を超える著作物が日本と韓国で発売されています。