すべてが自分を知り、尊び愛し、バランスを実現する布石なのです

ほとんどの方、論理的思考で考え、計画しています。これを学び、形にし、仕事にしてとか、この人とつながれば自分を紹介してくれて仕事になるとか、下心と期待を生きています。自分を愛し、尊ぶということから離れて生きているのです。脳に支配されて生きています。今、論理的思考の考え、計画通りになんてならないのです。世界は予期しないことであふれているのです。今回のコロナウィルスの件でもわかったでしょう。このウィルス、私は自然発生したものだとは思いません。この話、4月18日の2時間ライブでもしますが、とにかく、みなさんが論理的で完璧だと思う計画、ステップ、社会と親のすり込み、自らのこの人生の経験にもとづくものでしかないのです。

今、これまでの生き方を真逆にしなくてはならないのです。まず、あなたは今、あなたがしていることにどう感じるかを知ることです。あなたのしていること、もう違う、退屈、情熱がないなら、手放すことです。手放せば、スピリットの世界、宇宙はあなたをフィーリングで導けますが、自分が感じていることを尊ばない限り、次はもう出てこない時代なのです。手放し、アイディア、チャンスを受け取る、それをまたやる、そのうちにまた違うと感じたら手放す、そうやって本当のあなたを知りながらバランスを実現し、自分を尊び、信頼することを試されるのです。すべては布石なのです。

何かを形にし、続けることが安定でも何でもないのです。安定とはすべてが布石だと知り、今あなたを尊んでいくということなのです。そうしない限り、今の時代、未来が創造されないのです。これからますますみなさんの論理的思考と計画は意味がないことを知らされていくのです。そのとき、あなたは何をするのでしょうか?どうやって経済的に生きていくのでしょうか?布石の数が多ければ多いほど自分を知り、どんな状況でも生きていきますが、自分がどう感じるかを無視し、過去のやり方であるこれという形、レールを作ることだけに取り組んできた人たちにサイキック的に見ても未来が見えないのです。未来が創造されていないのです。

5月2日、3日、4日の五感を使うワークショップをはじめ、16日に行う過去を手放すワークショップ、重要なのです。この時代、形やレールを作ることを止め、自分を尊び、愛することをしていくことが安定であり、すべての生命、見えない存在たちににリスペクトされるのです。今、大きな変化にいますが、同時に変えるチャンスでもあるのです。感じれば感じるほど、今を生きるのです。自分を尊び、愛するのです。脳に依存すればするほど落ちていく人生になるだけです。

☆2020年2月と3月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッションのお申込み

☆2020年6月20日(アメリカ時間)から6月26日(アメリカ時間)にワシントン州タコマで開催されるウィリアム・レーネンのイベントのお申込み

☆2020年4月18日に東京で開催されるウィリアム・レーネンの2時間ライブのお申込み

☆2020年4月29日に東京で開催される幽霊、ダークスピリット、地縛霊への恐怖を克服し、亡くなった人たちを含む存在を光と成長に向かわせるヒーリングのワークショップのお申込み

☆2020年5月2日、3日、4日に開催される五感をインテンシブに使い、スピリットワールドを訪問するワークショップのお申込み

☆2020年5月16日に東京で開催される過去を手放す、浄化するワークショップのお申込み

☆2020年5月23日と24日に開催されるサイコメトリーのワークショップのお申込み

☆2020年4月と5月の東京での個人セッションのお申込み

☆ウィリアム・レーネンのメッセージ付きあなたのシンバラのお申込み

ウィリアム・レーネンのオフィシャルツイッター

ウィリアム・レーネンの変化と喜びを実現するエネルギーカード公式ブログ

ウィリアム・レーネンのウィークリーメッセージへのお申込み

ウィリアム・レーネンについて

サイキックミディアムとして米国で長年、テレビ、ラジオ、教会、企業、大学など、さまざまなメディアや団体において、抜きん出た豊かな才能を発揮し、多くの人にメッセージを伝えてきました。アメリカではドクター・ピーブルズをチャネルする存在として知られてきました。すべての人間がそれぞれの時間、空間、方法によって成長することを何よりも尊重しなくてはならないこと、宇宙の法則と霊的哲学を生きることが今、最も大事であると説いています。
現在、あらゆる概念を、2000年からはじまった水瓶座の時代にアップデートするために、ワークショップ、著作物を通して変化への対応をさまざまなスタイルで発信しています。水瓶座の時代のエネルギーに合致する、人々が幸せを実感する新しいあり方、考え方を提唱しています。よしもとばななさん、みよこ先生、酒井法子さんとの共著を発表しています。これまでに30冊を超える著作物が日本と韓国で発売されています。