魂が求めるバランスの実現の経験、それがどんなものであれ必要だからしているという理解に至らなければ苦しむだけの時代が到来したのです

五感を使う、自身、地球、すべての生命にとっての癒しです。五感はあなたの自然なエネルギーであり、直感、サイキック、チャネル、ヒーリングのエネルギーの自然な流れであり、それを止めるのは思考です。五感を使えば使うほど自身、地球、すべての生命にバランスを実現していくのです。さまざまな変化、人間の思考では望んでいないものでしょうが、それを通して人間はそれぞれの自然なエネルギーで生きることを理解していくのです。五感を使う反対は、過去を生きることです。過去を生きれば生きるほど、過去は機能しないという経験をさまざまな変化で思い知らされるのです。

お金、お金を第一にあらゆることが無視され、破壊されてきました。お金を貯めること、不動産、株式を持っていることが安定だという過去を生きている人たち、これからやって来る次の変化の中で損失を経験します。すべての人ではないですが、損失を経験すべき人たちがいるのです。それによって、お金はエネルギーであり、止め、貯めるものではなく、自分の経験のために使う、人と分かち合うということを学ばされる経験を引き寄せるのです。人生もお金も同じところに置き、動きを止めるのが安定ではなく、死ぬまで動き、バランスを実現していくこと、それが水瓶座の時代だということを人間は学ぶのです。

あらゆる側面で期待をしない、人間の思考にもとづく期待、失望を招くだけなのです。期待は過去のエネルギーを生きるのと同じです。五感を使えば使うほど魂の意図をブレンドします。魂はお金を貯めることを目的になんてしていませんし、安定を求めてもいません。バランスの必要な経験をしようという意図があるだけです。いくらあなたの才能、能力、好き、嫌いを知っても、魂の意図をブレンドしなければ満足、喜びを全体的に感じられないだけではなく、またやって来る大きな変化に適応できないのです。魂が求めるバランスの実現に経験、それがどんなものであれ必要だからしているという理解に至らなければ苦しむだけの時代が到来したのです。

5月2日、3日、4日の五感をインテンシブに使いスピリットの世界を訪問するワークショップ、5月16日の過去を手放すワークショップ、5月の2日間のサイコメトリのワークショップ、すべて過去を手放し、この人生の魂の意図をブレンドすることをテーマにしています。過去はもう機能しません。集合意識に翻弄され、影響を受け、扉を閉じる経験をしていくのか、上がっていくのか、どんな世界状況であれ選択なのです。

☆2020年3月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッションのお申込み

☆2020年6月20日(アメリカ時間)から6月26日(アメリカ時間)にワシントン州タコマで開催されるウィリアム・レーネンのイベントのお申込み

☆2020年4月18日に東京で開催されるウィリアム・レーネンの2時間ライブのお申込み

☆2020年4月29日に東京で開催される幽霊、ダークスピリット、地縛霊への恐怖を克服し、亡くなった人たちを含む存在を光と成長に向かわせるヒーリングのワークショップのお申込み

☆2020年5月2日、3日、4日に開催される五感をインテンシブに使い、スピリットワールドを訪問するワークショップのお申込み

☆2020年5月16日に東京で開催される過去を手放す、浄化するワークショップのお申込み

☆2020年5月23日と24日に開催されるサイコメトリーのワークショップのお申込み

☆2020年4月と5月の東京での個人セッションのお申込み

☆ウィリアム・レーネンのメッセージ付きあなたのシンバラのお申込み

ウィリアム・レーネンのオフィシャルツイッター

ウィリアム・レーネンの変化と喜びを実現するエネルギーカード公式ブログ

ウィリアム・レーネンのウィークリーメッセージへのお申込み

ウィリアム・レーネンについて

サイキックミディアムとして米国で長年、テレビ、ラジオ、教会、企業、大学など、さまざまなメディアや団体において、抜きん出た豊かな才能を発揮し、多くの人にメッセージを伝えてきました。アメリカではドクター・ピーブルズをチャネルする存在として知られてきました。すべての人間がそれぞれの時間、空間、方法によって成長することを何よりも尊重しなくてはならないこと、宇宙の法則と霊的哲学を生きることが今、最も大事であると説いています。
現在、あらゆる概念を、2000年からはじまった水瓶座の時代にアップデートするために、ワークショップ、著作物を通して変化への対応をさまざまなスタイルで発信しています。水瓶座の時代のエネルギーに合致する、人々が幸せを実感する新しいあり方、考え方を提唱しています。よしもとばななさん、みよこ先生、酒井法子さんとの共著を発表しています。これまでに30冊を超える著作物が日本と韓国で発売されています。