ウィリアム・レーネンの2時間ライブに参加された方から

これまでで最も力をいただいた2時間ライブでした。

世の中のこうしちゃいけない、ああしちゃいけない、それが決して正しいわけじゃなく、すべき経験からは逃れられないのに、政府、メディアの言いなりになりそうになり、みんなが同じ方向で動いていく、これってホントは怖いことでこうやって国全体も戦争に向かうんだと思いました。

みなさん、奴隷になりたいですか?奴隷をこれからも生きていくんですか?レーネンさんが何度もそう言ったこと、忘れられません。過去を手放し、本当の自分のために一人一人が生きていく、人になんて言われようとも、どう思われようとも、私は私の人生を生きていくんだ、必要な経験はしていくんだ、本当に背中を押されました。会場にいる人たち、みなさんにはもう抗体があるとおっしゃられたとき、何となく自分が感じていたことを言われた感じがしました。

いつまでも全体がこうだから、そんな生き方は絶対しないと自分に誓いました。怖いからではなく、私の魂の望む経験、それがどんなものであれやっていこう、そういう決意になりました。

この後のイベント、とても楽しみです。

こうすればこうなるとか、私の人生は安定して大丈夫、そんな時代終わった、すべての生命、これから地球で生まれる未来の子供たちのためにもちゃんと生きていこうと思います。

本当に素晴らしい2時間ライブでした。

こんなに大変で恐怖にあふれた中でイベントをしてくださったレーネンさん、ありがとうございました。これまでにない2時間ライブでした。