幽霊、ダークスピリット、地縛霊への恐怖を克服し、亡くなった人たちを含む存在を光と成長に向かわせるヒーリングのワークショップをお受けになった方から

今回のイベントは、これまで参加したレーネンさんのワークショップや個人セッションの中で最も印象深いものでした。これまで断片的だったものが見事につながったように思います。どうもありがとうございました。

生きている生命(鉱物、植物、動物、人間)も、スピリットになった生命も、ゴーストになった生命も、みんな一緒、同じだということ。すべての存在の中には、光が宿っていて、それぞれのペースで生きている、成長しているということ。ですので、ありのままの状態に対して、自分のハートの中で心地よさを感じること。今回のメッセージは、とても大きく、大切なモノでした。

ゴーストは、「理解してほしい」「自分のエゴをかなえてほしい」という気持ちが強いように思いました。(生きている人間にも、こういう人はいるので、ゴーストも人間も、結局は同じなのか?)ゆえに、レーネンさんは、「人に理解してほしいと思わないこと」「自分の直感を信じて、行動してしなさい」と、常々おっしゃるのだなと合点です。

ゴーストになった生命が投げ込んでくるメッセージに対しては、対峙するのではなく、一応は理解を示してあげること、そのうえで、「わかったよ、そういう考え方もあるよね、だけど、私は私の道で行くから」と、自分のハートの感覚に照らし合わせながら、一つ一つ、地道にやっていくしかないということは大きな学びでした。

人間として、形あるモノとして生きているからこそ、できることもある。大きな変化の時代ですので、自分の肉体の生命が終わるとき、未練を残さないように、そして、ゴーストになって、生きている人間にちょっかいを出さないよう、日々を大切に生きていこうと思いました。

☆2020年6月20日(アメリカ時間)から6月26日(アメリカ時間)にワシントン州タコマで開催されるウィリアム・レーネンのイベントのお申込み

☆2020年5月2日、3日、4日に開催される五感をインテンシブに使い、スピリットワールドを訪問するワークショップのお申込み

☆2020年5月16日に東京で開催される過去を手放す、浄化するワークショップのお申込み

☆2020年5月23日と24日に開催されるサイコメトリーのワークショップのお申込み

☆ウィリアム・レーネンのメッセージ付きあなたのシンバラのお申込み

ウィリアム・レーネンのオフィシャルツイッター

ウィリアム・レーネンのウィークリーメッセージへのお申込み

ウィリアム・レーネンについて

サイキックミディアムとして米国で長年、テレビ、ラジオ、教会、企業、大学など、さまざまなメディアや団体において、抜きん出た豊かな才能を発揮し、多くの人にメッセージを伝えてきました。アメリカではドクター・ピーブルズをチャネルする存在として知られてきました。すべての人間がそれぞれの時間、空間、方法によって成長することを何よりも尊重しなくてはならないこと、宇宙の法則と霊的哲学を生きることが今、最も大事であると説いています。
現在、あらゆる概念を、2000年からはじまった水瓶座の時代にアップデートするために、ワークショップ、著作物を通して変化への対応をさまざまなスタイルで発信しています。水瓶座の時代のエネルギーに合致する、人々が幸せを実感する新しいあり方、考え方を提唱しています。よしもとばななさん、みよこ先生、酒井法子さんとの共著を発表しています。これまでに30冊を超える著作物が日本と韓国で発売されています。