五感をインテンシブに使い、スピリットワールドを訪問するワークショップに参加された方から

「大きくなったら何になりたいの?」と、小さい子どもに質問するパターンがありますが、これからの私たちは、「どんなエネルギーで生きたいの?」と聞くべきだなと思いました。もちろん、自分にもです。

3日間の中で、何度も、「思考の捕らわれ」を指摘していただきました。凝り固まった筋肉が猫背をキープしてしまうがごとく、油断するとすぐに、世間体基準で計ってしまう。五感を研ぎ澄まして、失敗を恐れず、冒険するには、毎日毎日、自分に根気強く向き合って、転んじゃうのを面白がるのが大事なんだな、とも改めて気がつきました。

自分の中に、確かにエネルギーはありました。感じたことは忘れません。ポジティブにエネルギーを使い、オーラを広げる練習をします。嫌だなって思うことが多々あるのですが、それをそのまま客観的に見るのも練習練習。

レーネンさんが伝えてくださった他次元と繫がる生き方を、閉塞感いっぱいの世界に広げるには、W.Sの参加者全員が、1カ所ではなくさまざまな違うフィールドで実践する必要があるのだと思います。

これからじわじわと、何かが変わっていく・・・と期待はいけませんね。
結果ではなく、誰かに認められるためでもなく、本当の自分をこれからも探します。

皆が集まったから生まれた気づきと、レーネンさんから渡されたツールが、魂に刻まれた貴重な経験でした。

このような時期に日本に来て下さって、レーネンさん、ほんとうにありがとうございました。

☆2020年6月20日(アメリカ時間)から6月26日(アメリカ時間)にワシントン州タコマで開催されるウィリアム・レーネンのイベントのお申込み

☆2020年5月16日に東京で開催されるオンラインでも参加できる過去を手放す、浄化するワークショップのお申込み

☆2020年5月23日と24日に開催されるオンラインでも参加できるサイコメトリーのワークショップのお申込み

☆ウィリアム・レーネンのメッセージ付きあなたのシンバラのお申込み

ウィリアム・レーネンのオフィシャルツイッター

ウィリアム・レーネンのウィークリーメッセージへのお申込み

ウィリアム・レーネンについて

サイキックミディアムとして米国で長年、テレビ、ラジオ、教会、企業、大学など、さまざまなメディアや団体において、抜きん出た豊かな才能を発揮し、多くの人にメッセージを伝えてきました。アメリカではドクター・ピーブルズをチャネルする存在として知られてきました。すべての人間がそれぞれの時間、空間、方法によって成長することを何よりも尊重しなくてはならないこと、宇宙の法則と霊的哲学を生きることが今、最も大事であると説いています。
現在、あらゆる概念を、2000年からはじまった水瓶座の時代にアップデートするために、ワークショップ、著作物を通して変化への対応をさまざまなスタイルで発信しています。水瓶座の時代のエネルギーに合致する、人々が幸せを実感する新しいあり方、考え方を提唱しています。よしもとばななさん、みよこ先生、酒井法子さんとの共著を発表しています。これまでに30冊を超える著作物が日本と韓国で発売されています。