5月16日の過去を手放すワークショップ、23日と24日のサイコメトリのワークショップ、過去のエネルギーを捨て、本当の自分を知り、戻り、これから冒険的に生き、値する経験、必要な経験をしていこうというあり方を得るものです

魂は怖がっていません。怖がっているのは脳です。みなさんの脳、文化的、社会的すり込み、家族のすり込みであり、自分だと思っているものでさえ自分ではないのです。冒険的に生きていこう、値する経験、必要な経験をしていこうというあり方がこれから大切なのです。脳はあなたの成長を止めるだけです。経験をしない言い訳を思いつくだけです。多くの人、自分がすべての中心であり、選択肢がいくらでもあると思っているでしょうが、今のような状況がゆるんでも、これからもっともっと同じような状況か、さまざまな災害、世界的な争い、いろんな要因で自分に選択肢はないことを思い知らされるのです。人間はすべての中心ではないことを理解させられるのです。人間は地球に世話人であることに戻ることの大切さに直面していくのです。それぞれが、それぞれの自然なエネルギーを生き、バランスを実現して貢献していくことに気づいていくのです。

多くの方は、地球に貢献するためにどんな仕事、人に役立つためにどんな仕事と特定の何かをすることが貢献、役立つことだとすり込まれています。何をしてもどこにいても、あなたはどう感じ、自分を尊ぶかということです。それがバランスであり、魂の光を輝かせるのです。もう違うと感じる仕事、人間関係、それに立ち上がることです。変えていくことです。同じ企業で働いても、もっと興味があること、もっとフレキシブルな時間で働くことに立ち上がることです。脳にこれ以上支配されないことです。

5月16日の過去を手放すワークショップ、23日と24日のサイコメトリのワークショップ、過去のエネルギーを捨て、本当の自分を知り、戻り、これから冒険的に生き、値する経験、必要な経験をしていこうというあり方を得るものです。過去のやり方、過去の価値観、もう終わったのです。過去のやり方、過去の価値観にコロナが休んだ後に戻る、コロナは1年以内くらいでまた強くなって戻ってくるのです。いくら隔離をしようとも、いくら自粛をしようともコロナを殺すことはできないのです。宇宙、スピリットの世界、このコロナを使っているのです。コロナが問題ではなく、これからやってくるさまざまな災害が問題ではなく、恐怖ではなく冒険的に生きていこう、値する経験、必要な経験をしていこうというあり方を持てるかどうかということです。

☆2020年6月20日(アメリカ時間)から6月26日(アメリカ時間)にワシントン州タコマで開催されるウィリアム・レーネンのイベントのお申込み

☆2020年5月16日に東京で開催されるオンラインでも参加できる過去を手放す、浄化するワークショップのお申込み

☆2020年5月23日と24日に開催されるオンラインでも参加できるサイコメトリーのワークショップのお申込み

☆ウィリアム・レーネンのメッセージ付きあなたのシンバラのお申込み

ウィリアム・レーネンのオフィシャルツイッター

ウィリアム・レーネンのウィークリーメッセージへのお申込み

ウィリアム・レーネンについて

サイキックミディアムとして米国で長年、テレビ、ラジオ、教会、企業、大学など、さまざまなメディアや団体において、抜きん出た豊かな才能を発揮し、多くの人にメッセージを伝えてきました。アメリカではドクター・ピーブルズをチャネルする存在として知られてきました。すべての人間がそれぞれの時間、空間、方法によって成長することを何よりも尊重しなくてはならないこと、宇宙の法則と霊的哲学を生きることが今、最も大事であると説いています。
現在、あらゆる概念を、2000年からはじまった水瓶座の時代にアップデートするために、ワークショップ、著作物を通して変化への対応をさまざまなスタイルで発信しています。水瓶座の時代のエネルギーに合致する、人々が幸せを実感する新しいあり方、考え方を提唱しています。よしもとばななさん、みよこ先生、酒井法子さんとの共著を発表しています。これまでに30冊を超える著作物が日本と韓国で発売されています。