ウィリアム・レーネンの過去を手放す、浄化するワークショップに参加された方から

4月29日のワークショップ、今回のワークショップ、ともにオンラインでの参加でしたが、迫力がすごく会場にいるのと何も変わらない、それが一番の感想です。

初めて参加したころ、一言一句を逃さない、それって思考を使うんですね。回を重ねるごとにただ聞いてみようと聞くことに慣れていきました。毎回、必ず自分が反応する、記憶に残る箇所があることに気づきました。レーネンさんが以前チャネルのワークショップでおっしゃっていた、全体が必要なことをチャネルするというのはこのことだとわかりました。ひとそれぞれに反応する、記憶に残る箇所が違くても全体で必要なこととはこういうことだって。

それ以来、ただ聞いている、その中で自分が反応する、記憶に残る箇所が必要なことで他に必要なことはどこかでふと出てくるんだって、そうわかったらもっと楽にオープンに聞くことができるようになりました。終わりはない、今回もレーネンさんがおっしゃいましたが、本当にそうなんだって思います。これができた、あれができたなんてなくてまたいろんな状況でどうするかが出てくる、こうやって前進していくことなんだなって、そしてゆったり、ゆっくりでいいんだなって思えます。

最後のサイコメトリは会場に行きます!少しずつ、少しずつなるほどという納得が出てくること、本当に楽しいです。生きているって大変だけど素晴らしい、そう思えました。

☆2020年6月20日(アメリカ時間)から6月26日(アメリカ時間)にワシントン州タコマで開催されるウィリアム・レーネンのイベントのお申込み

☆2020年5月23日と24日に開催されるオンラインでも参加できるサイコメトリーのワークショップのお申込み

☆ウィリアム・レーネンのメッセージ付きあなたのシンバラのお申込み

ウィリアム・レーネンのオフィシャルツイッター

ウィリアム・レーネンのウィークリーメッセージへのお申込み

ウィリアム・レーネンについて

サイキックミディアムとして米国で長年、テレビ、ラジオ、教会、企業、大学など、さまざまなメディアや団体において、抜きん出た豊かな才能を発揮し、多くの人にメッセージを伝えてきました。アメリカではドクター・ピーブルズをチャネルする存在として知られてきました。すべての人間がそれぞれの時間、空間、方法によって成長することを何よりも尊重しなくてはならないこと、宇宙の法則と霊的哲学を生きることが今、最も大事であると説いています。
現在、あらゆる概念を、2000年からはじまった水瓶座の時代にアップデートするために、ワークショップ、著作物を通して変化への対応をさまざまなスタイルで発信しています。水瓶座の時代のエネルギーに合致する、人々が幸せを実感する新しいあり方、考え方を提唱しています。よしもとばななさん、みよこ先生、酒井法子さんとの共著を発表しています。これまでに30冊を超える著作物が日本と韓国で発売されています。