ウィリアム・レーネンの過去を手放す、浄化するワークショップに参加された方から

オンラインで参加しました。

自分が本当はどう感じているのか?

色、音、におい、風、様々に感じているのに

こうじゃなきゃ正しくない、そんなはずないと制限して

自分を苦しめているのは、自分自身だなとあらためて実感しました。

誰かのための責任じゃなくて、自分のための責任、行動、思い。

私自身、本当に信頼し、よりどころにしているものは何か?

私は、いったい何を信じているのか?

WSの中で教えてもらった「ジャーナル」をやってみて、スッキリしました。

自分にとって大して必要ないものまでごちゃごちゃと置いたままだったと気が付きました。

そんなつもり全然なかったのに、頭の中にも要らないものって溜まってしまうものなんですね。

たぶん過去のどこかの時点では必要な考え方や知識だったのでしょうけど、

今は全然要らなくなってるのに捨ててなかった!! あることも忘れてたしー。

若いころの服をいつかまた着れるんじゃ?と置いとくのと一緒ですね。

「ジャーナル」、今の私にとても必要でした。

あふれる情報の中から選択するのにも、今何をするかを選択するのにも、

感覚がとてもクリアなのがわかります。

ただ、これで安心じゃなくて、常に自分の状態を知る努力は続けてこそ意味があると

今の私はわかるようになりました。

これも数々の経験のおかげと、自分を褒めます。

今の私を知れば、どんなことがあっても自分の選択はできると感じました。

ここ約一か月、仕事で追い込まれそうになりながらも

オンライン参加ができたおかげで、本当に救われました。

体制を整えていただいて、感謝しかありません。

次回のワークショップにも参加します。

ありがとうございました!!

☆2020年6月20日(アメリカ時間)から6月26日(アメリカ時間)にワシントン州タコマで開催されるウィリアム・レーネンのイベントのお申込み

☆2020年5月23日と24日に開催されるオンラインでも参加できるサイコメトリーのワークショップのお申込み

☆ウィリアム・レーネンのメッセージ付きあなたのシンバラのお申込み

ウィリアム・レーネンのオフィシャルツイッター

ウィリアム・レーネンのウィークリーメッセージへのお申込み

ウィリアム・レーネンについて

サイキックミディアムとして米国で長年、テレビ、ラジオ、教会、企業、大学など、さまざまなメディアや団体において、抜きん出た豊かな才能を発揮し、多くの人にメッセージを伝えてきました。アメリカではドクター・ピーブルズをチャネルする存在として知られてきました。すべての人間がそれぞれの時間、空間、方法によって成長することを何よりも尊重しなくてはならないこと、宇宙の法則と霊的哲学を生きることが今、最も大事であると説いています。
現在、あらゆる概念を、2000年からはじまった水瓶座の時代にアップデートするために、ワークショップ、著作物を通して変化への対応をさまざまなスタイルで発信しています。水瓶座の時代のエネルギーに合致する、人々が幸せを実感する新しいあり方、考え方を提唱しています。よしもとばななさん、みよこ先生、酒井法子さんとの共著を発表しています。これまでに30冊を超える著作物が日本と韓国で発売されています。