殺す、虫、魚であれ感謝をしない、虐待です。地球の生命への虐待です

人間だけではなく植物、動物が死んだ後、地縛する可能性もあります。幽霊、幽霊の記憶になる可能性があるのです。アメリカ先住民、料理に使う植物を抜く、ありがとう、使うことができるまで育ってくれてありがとうと言うのです。死んだ植物のスピリットは光に向かいます。引っこ抜いて捨てると植物も地縛するのです。植物、動物、鳥を虐待したり、殺したりしないことです。地球にあるものすべて、目的があって存在しているのです。殺す、虫、魚であれ感謝をしない、虐待です。地球の生命への虐待です。

子供たちが成長し、その時に多分、政府は軍に入れと言うときが来るでしょう。そうしたら、「あなたは人の命を奪うこと、それを信じる人ですか?」と子供にたずねてください。政府がこうしろ、ああしろと今、言っていますが、それが正しいわけでもなく、鵜呑みにする必要もなく、それぞれがハートに従って信じられないならする必要ないと伝えてください。

☆2020年6月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッション(日本国内ならご自宅からも受けられます)のお申込み

☆5月12日、東京で撮影された2時間のウィリアム・レーネンのStop Thinkingここにコロナウィルスがいる、有料サイトでご覧ください。4月18日の2時間ライブとはまた違う内容になっています。ここにウィルスがいる、有料サイト

☆ウィリアム・レーネンのメッセージ付きあなたのシンバラのお申込み

ウィリアム・レーネンのオフィシャルツイッター

ウィリアム・レーネンのウィークリーメッセージへのお申込み

ウィリアム・レーネンについて

サイキックミディアムとして米国で長年、テレビ、ラジオ、教会、企業、大学など、さまざまなメディアや団体において、抜きん出た豊かな才能を発揮し、多くの人にメッセージを伝えてきました。アメリカではドクター・ピーブルズをチャネルする存在として知られてきました。すべての人間がそれぞれの時間、空間、方法によって成長することを何よりも尊重しなくてはならないこと、宇宙の法則と霊的哲学を生きることが今、最も大事であると説いています。
現在、あらゆる概念を、2000年からはじまった水瓶座の時代にアップデートするために、ワークショップ、著作物を通して変化への対応をさまざまなスタイルで発信しています。水瓶座の時代のエネルギーに合致する、人々が幸せを実感する新しいあり方、考え方を提唱しています。よしもとばななさん、みよこ先生、酒井法子さんとの共著を発表しています。これまでに30冊を超える著作物が日本と韓国で発売されています。