心配、未来を知ろうとする、あらゆるブロックになるだけです

これからどうなるか、家族はどうなるかを心配続けたり、未来を知ろうとする、あらゆるブロックになるのです。考えすぎる、ブロックを自ら創造しているのです。宇宙、スピリットの世界、オープンなスペースに本当に値するものを与えるのですが、考えすぎる、心配する、細かく計画をしている、そこに与えるスペースがないのです。

心配、ネガティブなエネルギーなのです。ネガティブな可能性にフォーカスした思考なのです。自分と人の状況をより悪化させているのです。必要な経験をするだけなのです。新型コロナウィルスにかかるべきならば東京にいようが、アメリカにいようが、どこにいようが関係ないのです。私のことを心配し、新型コロナをうつすかもしれないと会わなかった人がいますが、私はそんなこと心配していないのです。その経験が必要ならそうなるし、死が必要ならば新型コロナを使うかもしれないし、事故を使うかもしれません。必要な経験、みなさんの脳がコントロールしているのではないのです。恐怖は十分に経験した、怖いけどやろう、それこそ霊的勇気です。怖くなくなったらやるのではなく、怖くてもやれるのです。

過去を生きている人たち、何でも知ろうとします。先を知り、準備する、思い通りの結果にするようにすり込まれているからです。知り、備えることが安定だと教えられているのです。人生はバランスではなく、得るか得ないか、勝つか負けるか、正しいか正しくないかを生きているのです。今を生きていないのです。過去のエネルギーを生きているのです。今の自分を尊び、愛することを繰り返すことで未来は創造されるのです。考えすぎる、計画をする、期待をする、失望を招く生き方をしているだけです。

☆間もなく、アマゾンで予約が始まります。7月22日発売予定です。

☆2020年7月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッション(日本国内ならご自宅からも受けられます)のお申込み

☆5月12日、東京で撮影された2時間のウィリアム・レーネンのStop Thinkingここにコロナウィルスがいる、有料サイトでご覧ください。4月18日の2時間ライブとはまた違う内容になっています。ここにウィルスがいる、有料サイト

☆ウィリアム・レーネンのメッセージ付きあなたのシンバラのお申込み

ウィリアム・レーネンのオフィシャルツイッター

ウィリアム・レーネンのウィークリーメッセージへのお申込み

ウィリアム・レーネンについて

サイキックミディアムとして米国で長年、テレビ、ラジオ、教会、企業、大学など、さまざまなメディアや団体において、抜きん出た豊かな才能を発揮し、多くの人にメッセージを伝えてきました。アメリカではドクター・ピーブルズをチャネルする存在として知られてきました。すべての人間がそれぞれの時間、空間、方法によって成長することを何よりも尊重しなくてはならないこと、宇宙の法則と霊的哲学を生きることが今、最も大事であると説いています。
現在、あらゆる概念を、2000年からはじまった水瓶座の時代にアップデートするために、ワークショップ、著作物を通して変化への対応をさまざまなスタイルで発信しています。水瓶座の時代のエネルギーに合致する、人々が幸せを実感する新しいあり方、考え方を提唱しています。よしもとばななさん、みよこ先生、酒井法子さんとの共著を発表しています。これまでに30冊を超える著作物が日本と韓国で発売されています。