魔法の杖を探したのではなく、魔法の杖がその人を見つけたのです

悪夢を見る、自分の感情のバランスを実現するために見るためではない人たちもいるのです。みなさん、すべては自分だとすり込まれすぎなのです。この悪夢の意味は何?自分に関して何かを予言している?と思うかもしれませんが、すべての人ではないですが自分以外の人、場所、何かのためにバランスを実現するために悪夢を代わりに見てあげる人たちがいるのです。宇宙は、そういう人たちを使っています。

私はこれが欲しい、あれが欲しい、人はそうやってすべての中心は自分だと思っていますが違うのです。私にしかフォーカスをしないと宇宙がそういう人を使ってこないのです。私はこれが欲しい、あれが欲しい、競争を生きており、水瓶座の時代に競争は機能しません。興味があったら飛び込む、そこからもたらされるステップ、結果にオープンになり、もたらされるものを受け取っていこうというありかたです。

今回、タコマのイベントで魔法の杖に見つけられた人がいました。その人が魔法の杖を探したのではなく、魔法の杖がその人を見つけたのです。魔法の杖、魔法の石、癒しの植物、そうやってその人に必要なものが与えられる、直感のエネルギーにブロックがなく、自然な流れを生きるのです。宇宙の仕事をし、バランスのために宇宙に使われる、そういう生き方にシフトする時なのです。今、この世界で恐怖、怒りが蔓延していてもそういうものに影響を受けないで宇宙に使われ、さまざまななことをする人たちは守られ、導かれていくのです。

集合意識の一部になり、恐怖、怒りに支配されていくのか、自分を信頼し、愛し、尊んでいくのか、すべての人が試されているのです。私は、タコマのイベントの参加した方たちはアメリカに問題なく来て、日本に問題なく戻れると向こうの世界から言われていました。今回、参加者の方々、アメリカの多くの人たち、さまざまな生命につながり、ポジティブな影響を与えたと思います。みなさんから、多くの人が勇気を受け取ったと思います。

今、世界家族の時代です。一人一人のすること、見知らぬ誰かに影響を与えるのです。

☆7月22日発売のウィリアム・レーネンの新刊本、アマゾンで予約受付中です。

☆2020年7月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッション(日本国内ならご自宅からも受けられます)のお申込み

☆5月12日、東京で撮影された2時間のウィリアム・レーネンのStop Thinkingここにコロナウィルスがいる、有料サイトでご覧ください。4月18日の2時間ライブとはまた違う内容になっています。ここにウィルスがいる、有料サイト

☆ウィリアム・レーネンのメッセージ付きあなたのシンバラのお申込み

ウィリアム・レーネンのオフィシャルツイッター

ウィリアム・レーネンのウィークリーメッセージへのお申込み

ウィリアム・レーネンについて

サイキックミディアムとして米国で長年、テレビ、ラジオ、教会、企業、大学など、さまざまなメディアや団体において、抜きん出た豊かな才能を発揮し、多くの人にメッセージを伝えてきました。アメリカではドクター・ピーブルズをチャネルする存在として知られてきました。すべての人間がそれぞれの時間、空間、方法によって成長することを何よりも尊重しなくてはならないこと、宇宙の法則と霊的哲学を生きることが今、最も大事であると説いています。
現在、あらゆる概念を、2000年からはじまった水瓶座の時代にアップデートするために、ワークショップ、著作物を通して変化への対応をさまざまなスタイルで発信しています。水瓶座の時代のエネルギーに合致する、人々が幸せを実感する新しいあり方、考え方を提唱しています。よしもとばななさん、みよこ先生、酒井法子さんとの共著を発表しています。これまでに30冊を超える著作物が日本と韓国で発売されています。