次元

2020年7月14日と21日のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッション(日本国内ならご自宅からも受けられます)のお申込み受付中

次元とはどういうものでしょう?多くの次元に時間がありません。他の次元では、ある国からある国に移動をするようなものであり、そこには時間の感覚がありません。次元は、存在するスペースであり、社会、種が存在する次元もあり、何もない次元もあります。何もない、どういうことでしょうか?何もない、自分で経験するしかないのです。あなたが移動する次元、何も見えなくても、そこにあるのです。

ですから、五感を使うのです。脳でこういうイメージという概念を捨ててください。脳の中で見えるイメージを手放してください。皆さんの脳、他の次元を理解できません。他の次元は、みなさんに姿を見せたいのですが、人間の脳で見えるものではなく、フィーリングで見るものなのです。フィーリングで感じるということです。ほとんどの宇宙船、次元を移動しているのです。彼らの惑星、人間が移動するのに100年かかったとしても、彼らは次元をただ移動をしているのです。瞬間的に移動できるのです。

地球にいる人間、何かの燃料を使い、移動をする、それが人間の論理的な思考ですが、私のイベントに来る多くの方、レムリアでの過去世を持ち、レムリアでは電気は使わなくても明かりがあり、自動車はなくても長距離を移動できました。レムリア人たちは時間がなく、レムリアの大陸が大災害で沈むときにぱっと富士山に移動したのです。ワシントン州のレイニア山、カリフォルニア州のシャスタ山に移動したのです。レムリアのDNAを皆さん持っており、移動することができる能力があるのです。そういう能力、時間のない状態を経験することで開花していくのです。地球時間を生きれば生きるほど、こういう能力は抑圧されます。宇宙時間を生きる、宇宙時間には時間がないのです。五感、フィーリングによってただ生きる、それがあらゆる能力を開花させ、シックスセンス、セブンスセンスへと進化していくのです。

11月の後半、3日間のシックスセンス、セブンスセンスへと進化のイベントを行います。すぐにできなくていいのです。ただ、この情報をみなさんにシェアしておきます。

☆7月22日発売のウィリアム・レーネンの新刊本、アマゾンで予約受付中です。

☆2020年7月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッション(日本国内ならご自宅からも受けられます)のお申込み

☆5月12日、東京で撮影された2時間のウィリアム・レーネンのStop Thinkingここにコロナウィルスがいる、有料サイトでご覧ください。4月18日の2時間ライブとはまた違う内容になっています。ここにウィルスがいる、有料サイト

☆ウィリアム・レーネンのメッセージ付きあなたのシンバラのお申込み

ウィリアム・レーネンのオフィシャルツイッター

ウィリアム・レーネンのウィークリーメッセージへのお申込み

ウィリアム・レーネンについて

サイキックミディアムとして米国で長年、テレビ、ラジオ、教会、企業、大学など、さまざまなメディアや団体において、抜きん出た豊かな才能を発揮し、多くの人にメッセージを伝えてきました。アメリカではドクター・ピーブルズをチャネルする存在として知られてきました。すべての人間がそれぞれの時間、空間、方法によって成長することを何よりも尊重しなくてはならないこと、宇宙の法則と霊的哲学を生きることが今、最も大事であると説いています。
現在、あらゆる概念を、2000年からはじまった水瓶座の時代にアップデートするために、ワークショップ、著作物を通して変化への対応をさまざまなスタイルで発信しています。水瓶座の時代のエネルギーに合致する、人々が幸せを実感する新しいあり方、考え方を提唱しています。よしもとばななさん、みよこ先生、酒井法子さんとの共著を発表しています。これまでに30冊を超える著作物が日本と韓国で発売されています。