15歳以下の人たちの多くは水瓶座の時代の意識を持っています

☆2020年8月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッション(日本国内ならご自宅からも受けられます)のお申込み

若い人たち、15歳以下の人たちの多くは水瓶座の時代の意識を持っています。15歳以下の子供たち、みなさんの親なのです。すべての生命に影響を与えるという気づきを持ち、クリアな考えを持っているのです。こういう子供たち、宇宙の法則への理解もあります。政府が創造するルール、法に抵抗します。この前に生まれた人たちで水瓶座の時代の意識を持つ人たちもいましたが、あまり多くはないのです。

子供たちは学校から学ぶよりも経験から学び、大人たちのあり方、生き方から学んでいきます。大人の役割、子供たちの話しをちゃんと聞いてください。子供たちの方が私がシェアしているようなことを理解できるのです。大人たち、人の話をどう聞くかがわからず自分たちの考えを押し付けます。聞くのではなく、押し付けます。子供たちもいろいろシェアしたいフィーリングなどがありますが、大人たちは聞いていないのです。

みなさんが若かった頃、親はこういう学校に行きなさい、こういう仕事に就きなさい、こういう生き方をしなさいと一方的に押し付け、みなさんも義務を感じてやっていました。しかし、今の若い人たち、そんな意見を求めていません。何を学びたいかわかっています。何を経験したいのかもわかっており、話しを聞いているのでは嫌なのです。経験したいのです。何でもいいので経験させてあげてください。子供が必要な経験をさせてあげてください。この子供たちが新しいライフスタイルを創造していくのです。大人がよい悪いと判断しようが若い人たちに経験をさせることです。それによって、若い人たちが新しい世界を創造していくのです。

多くの大人たちはいまだに過去の価値観、よい悪いを生き、主観でさまざまなことを押し付け邪魔をしているのです。

2020年11月28日から12月3日に開催されるウィリアム・レーネンのカウアイ島でのイベントのお申込み

☆2020年8月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッション(日本国内ならご自宅からも受けられます)のお申込み

☆2020年10月11日東京で開催されるウィリアム・レーネンの2時間ライブ(オンラインでの参加も可能です)のお申込み

☆2020年10月24日に東京で開催されるウィリアム・レーネンの魔法の杖、石、癒し、霊的理解に役立つ植物に発見されるワークショップ(オンランでの参加も可能です)のお申込み

☆2020年11月3日に東京で開催されるウィリアム・レーネンの鏡、水、電球を使いより不思議な体験をするワークショップ(オンラインでの参加も可能です)のお申込み

☆2020年11月7日と8日に成田で開催されるウィリアム・レーネンの宇宙人、地底人、スピリット、動物、植物、あらゆる生命とつながり、コミュニケーションをするワークショップ(オンラインでの参加も可能です)のお申込み

☆2020年11月21日、22日、23日に成田で開催されるウィリアム・レーネンのシックスセンス、セブンスセンスへの進化のワークショップ(オンラインでの参加も可能です)のお申込み

☆2020年10月と11月のウィリアム・レーネンの対面個人セッション(1時間)のお申込み

☆7月22日発売のウィリアム・レーネンの新刊本、発売!

☆ウィリアム・レーネンのYoutubeチャンネル

☆5月12日、東京で撮影された2時間のウィリアム・レーネンのStop Thinkingここにコロナウィルスがいる、有料サイトでご覧ください。4月18日の2時間ライブとはまた違う内容になっています。ここにウィルスがいる、有料サイト

☆ウィリアム・レーネンのメッセージ付きあなたのシンバラのお申込み

ウィリアム・レーネンのオフィシャルツイッター

ウィリアム・レーネンのウィークリーメッセージへのお申込み

ウィリアム・レーネンについて

サイキックミディアムとして米国で長年、テレビ、ラジオ、教会、企業、大学など、さまざまなメディアや団体において、抜きん出た豊かな才能を発揮し、多くの人にメッセージを伝えてきました。アメリカではドクター・ピーブルズをチャネルする存在として知られてきました。すべての人間がそれぞれの時間、空間、方法によって成長することを何よりも尊重しなくてはならないこと、宇宙の法則と霊的哲学を生きることが今、最も大事であると説いています。
現在、あらゆる概念を、2000年からはじまった水瓶座の時代にアップデートするために、ワークショップ、著作物を通して変化への対応をさまざまなスタイルで発信しています。水瓶座の時代のエネルギーに合致する、人々が幸せを実感する新しいあり方、考え方を提唱しています。よしもとばななさん、みよこ先生、酒井法子さんとの共著を発表しています。これまでに30冊を超える著作物が日本と韓国で発売されています。