私は外に行きたいならそうすればいいのです

☆2020年9月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッション(日本国内ならご自宅からも受けられます)のお申込み

日本にいるすべての人が必ずしも自粛、自粛ということに従っていません。少なくとも、私のイベントに来る方たち、そういうことに従っていません。人が何をしようとしまいとどうでもいいのです。私は外に行きたいならそうすればいいのです。

裁きはしませんが、多くの政府関係者、彼らの意見は現実的じゃないし、一般の人たちを考慮していません。みなさん、本当の自分を発見し、生きてください。ウィルスであろうが、インフルエンザであろうが、事故であろうが、死ぬときには死ぬと忘れないでください。怖がる必要なんて何もないのです。

死ぬの怖いですか?みなさん、誰もがいつか死ぬとわかっています。恐怖を持って生きる、現実的じゃありません。怖がるように、怖がりなさいと今、言われてそれを信じているのです。今、人々は立ち上がるのです。香港もそうだし、もう十分と世界中で立ち上がるのです。水瓶座の時代に入ったからなのです。変化がやってくるのです。

自分を尊ぶ、自分の権利のために立ち上がっていくということです。デモじゃないのです。これは適切だと感じることのためにそれぞれの場所で立ち上がるということなのです。私はこの体で長い間生き、デモ、反乱に参加してきました。黒人と白人のためのムーブメントにも自分で選択し、参加しました。私がしていることをいやだと思っている人たちもいると思いましたがそれでいいと思いました。

大学で教えていて、何度も解雇されましたが、私は自分の信じること、権利のために立ち上がってきたし、学部長に解雇されたとき、「もっとオープンな人の元で働けます」と言ってあげました。立ち上がる、デモをしたいならいいですが、自分のデモです。

新しい仕事に応募する、「私はこれをします」、「私はこれは進んでやりますが、これはやりません。私の仕事のクオリティに興味があればそれはそれでいいし、私に興味がないなら、別なところに行きます」と言えばいいのです。興味のあることを自分で発見してください。あらゆる業界でみなさん働けるだけの才能、能力、スキルもあるし、自分で仕事を始められる人たちもいます。自分を知っていればいいのです。ちゃんと知っていればいいのです。スキルがわからないなら、同僚に聞いてみる、いやなことを言われてもたずねたのです。同意しなくてもいいのでオープンに受け取ってみてください。

☆2020年9月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッション(日本国内ならご自宅からも受けられます)のお申込み

☆2020年10月11日東京で開催されるウィリアム・レーネンの2時間ライブ(オンラインでの参加も可能です)のお申込み

☆2020年10月24日に東京で開催されるウィリアム・レーネンの魔法の杖、石、癒し、霊的理解に役立つ植物に発見されるワークショップ(オンランでの参加も可能です)のお申込み

☆2020年11月3日に東京で開催されるウィリアム・レーネンの鏡、水、電球を使いより不思議な体験をするワークショップ(オンラインでの参加も可能です)のお申込み

☆2020年11月7日と8日に成田で開催されるウィリアム・レーネンの宇宙人、地底人、スピリット、動物、植物、あらゆる生命とつながり、コミュニケーションをするワークショップ(オンラインでの参加も可能です)のお申込み

☆2020年11月21日、22日、23日に成田で開催されるウィリアム・レーネンのシックスセンス、セブンスセンスへの進化のワークショップ(オンラインでの参加も可能です)のお申込み

☆2020年10月と11月のウィリアム・レーネンの対面個人セッション(1時間)のお申込み

☆7月22日発売のウィリアム・レーネンの新刊本、発売!

☆ウィリアム・レーネンのYoutubeチャンネル

☆5月12日、東京で撮影された2時間のウィリアム・レーネンのStop Thinkingここにコロナウィルスがいる、有料サイトでご覧ください。4月18日の2時間ライブとはまた違う内容になっています。ここにウィルスがいる、有料サイト

☆ウィリアム・レーネンのメッセージ付きあなたのシンバラのお申込み

ウィリアム・レーネンのオフィシャルツイッター

ウィリアム・レーネンのウィークリーメッセージへのお申込み

ウィリアム・レーネンについて

サイキックミディアムとして米国で長年、テレビ、ラジオ、教会、企業、大学など、さまざまなメディアや団体において、抜きん出た豊かな才能を発揮し、多くの人にメッセージを伝えてきました。アメリカではドクター・ピーブルズをチャネルする存在として知られてきました。すべての人間がそれぞれの時間、空間、方法によって成長することを何よりも尊重しなくてはならないこと、宇宙の法則と霊的哲学を生きることが今、最も大事であると説いています。
現在、あらゆる概念を、2000年からはじまった水瓶座の時代にアップデートするために、ワークショップ、著作物を通して変化への対応をさまざまなスタイルで発信しています。水瓶座の時代のエネルギーに合致する、人々が幸せを実感する新しいあり方、考え方を提唱しています。よしもとばななさん、みよこ先生、酒井法子さんとの共著を発表しています。これまでに30冊を超える著作物が日本と韓国で発売されています。